Home

gatearray recordings blog

最近の活動

公私ともに忙殺されてしまい、後で後で…と思ってたら5ヶ月くらい経ってしまいました。

DJを休業して、新しいプロジェクトを始めています。

こちらでまったく告知する余裕がなかったんですが、既に秋葉原重工、fluxtion、BodyInformと3回ライブをやって、なんとか最低限の形は出来たかな、と思ってます。

特に明記してませんが、自分の中でコンセプトと目指す方向性はかなり明確に固まっています。
今のところクラブでのライブPAがメインですが、のちのちトラック、リミックスワーク、プログラミングアートの制作等に展開していこうと思ってます。
詳しいことはロゴのリンク先まで。昨日録り立てのライブ録音もあります。

仕事も激務が続いてる上に音楽活動も立て込んでいるので、またしばらくブログには手がつけられそうにないです。いろいろ書きたいんですけどね…
(今更感はありますが)活動に関しては下記をフォローしてみてください。

KURAYAMI/暗闇
OfficialWeb(Tumblr)
Twitter

秋葉原重工
OfficialWeb(Tumblr)
Twitter

BodyInform
OfficialWeb(Tumblr)

ジェゴグを聴きにヌガラへ

先日三年連続、三度目となるバリ島バカンスへ行ってきました。

年末に偶然テレビにスアール・アグンが取り上げられていて一昨年聴いた時のことを思い出してもう一度体験したくなって、またしてもバリ島にしました。で、事前に調べたら今は中心部ではどこでもやってなくて、なんと現時点ではクタから北西に約100キロのヌガラにある楽団本拠地でしか聴けないという…


宿泊したパドマリゾートはクタとレギャンのちょうど境目。

ヌガラのスアール・アグンは

ここ。めちゃくちゃ遠い…クタとウブド二箇所ピックアップすることもあって、車で片道3時間半くらい。


来ちゃった///


世界的にも有名な団長のスウェントラ先生が直々に出迎えてくれます。日本語超うまい。
日本でツアー会社経由で予約した上にクタから来るのは珍しかったのか、わざわざ声をかけてもらいました。感激…!
日本人は全部で7人だったんですが、他は全員ウブドの長期滞在者が口コミで集まってました。

運営は楽団が直接やっていて、10人以上集まらないと催行されない(お迎えも若い楽団員が車で何時間もかけて来てくれた)ので実際何回予約しても観れない人も多いらしいです。正直自分もダメ元でした(ダメならダメでスアール・アグンが教えてる楽団を見に行くつもりだった)この日はたまたま大口の予約も入って、お客さんは20人ちょいでした。ラッキー!


団長と少し談笑してから、婦人会の奥様たちのお手製のお弁当が晩ごはん。今回バリ料理は結構食べましたが、これはおふくろの味という感じの素朴な味付けで、でも美味しかったです。


日が暮れてから公演スタート。ステージ兼練習場は普通に屋外で芝生の上です。大地の唸りとも表現されますが凄い迫力。密集した竹の音は柔らかいながらも面で迫るような音場感で、身体に染みてきます。



ひと通りトラディショナルな演奏をしてから、恒例の自由タイムということで下に潜って聴いたり後ろから演奏をガン見したり出来ます。演奏中の竹に触ってビリビリしたりも。


途中でスコールが降ってきたので屋根付きの楽器置き場へ移動して続行。狭いこともあて2部隊から前後に挟まる配置でムバルン(バトル連弾)が聴けるという珍しい体験を!このへんはスウェントラ先生がケチャの掛け声やバチのジャグリングやクラップを使ってアレンジした、モダンスタイルの演奏でした。これは持ってるCDにも入ってないので音源化して欲しい…


この後の流れは一昨年と同じで、途中で竹パーカッションを借りて合奏して、最後はガムランの演奏体験。ということで、またしても最大サイズでベース担当のジェゴグへ!これが今回最大の目的…!全員参加してたんで残念ながら自分が演奏してる写真ないですが、この写真のサイズのと同じのを演奏しました。疲れないように重力と手首のスナップを使って、二年前よりは上手く出来たと思います。サイン波に近いサブベースがパネェっす。

ということでトータル3時間位お邪魔してジェゴグの生まれ故郷でみっちり体験してきました。
また来ますとも、スアール・アグンにもまた日本に公演に来て欲しいとも伝えてお別れしてきました。

ホテルへの帰還は夜中一時を過ぎてましたが、貴重な体験が出来て本当に良かったです。バリ島に行く予定の方、興味ある方は予約代行先等教えますので、是非に…!スアール・アグンについてはこちらへ→ suar agung


行けないけど聴いてみたいという人はこのCDが、日本の録音技術で音質がいいのでオススメ。
(現地のおみやげ屋にあるようなのは、ほとんどが海賊版だそうです…音質悪いし)

バカンス全体の様子はまとめてflickrフォトセットにて。

広島depthでDJでした。

last stand

playlist1

playlist2

というわけでツイッターからの画像とツイートの転載で雑にまとめましたが、広島で最後のDJをやってきました。

持ち時間の2時間、自分がDJとして現状思い描いてる理想の形を完璧に具現化出来ました。出し切りました。もう悔いはないです。

やはりこのプレイを自分の基準レベルにしてるし、これを最低限として維持するのは片手間では無理ですwともあれ、depthクルーに良くして頂いてこそ実現できた会心のプレイだったし、逆に残せたものもあったかなと思います。edgeの箱鳴りも非常に良くて、ブースからでもフロアでの鳴りと反応の手応えもつかめたので、ホントやりやすかったしめちゃくちゃ楽しかったです。

セットについては大体60曲くらいで数パターンの展開を想定してたんですが、かなりいいペースで効率よく組み立てられたので49曲まで突っ込めました。単に多いのではなくて、最後ということとはまったく別に、いろんな思い入れを忍ばせて丹念に紡いでいけました。この手の話は語るに落ちるので現場で感じていただけたことが全てです。刃の下に心あり。結局Pdのノイズは使わず4decksで選曲に集中する形を取りましたが、いい具合にハマったと思います。BIとはまた違った、2つセットで辿りつけた終局なんだと思います。

イベント全体も、アクトもお客さんもみんなダークな音楽が好きなことがよく分かる熱い一夜でした。というかテクノという範疇を超えて、音楽性がどうこうという意味では自分が呼ばれたのはよくわかりましたw次回は4月にSurgeonを招くということで(!!)、今後も応援していきたいと思います。(そしていつかライブ機材しょって帰りますw)

この後翌日、翌々日と広島の面々に付き合ってもらって、宮島いったり美味しいもの食べ歩いたり、濃厚な広島を満喫してきました。遠い地で気が置けない友人に囲まれる(かつ一緒に美味しいご飯を食べる)ことができるのは、貴重な幸せの形だと思います。帰ってきて数日精神的に失調気味だったんですが、ホームシックだったのではw

#食べ物は汁なし担々麺、お好み焼き、焼き牡蠣、あなごめし、揚げもみじ饅頭と広島グルメを制覇して、とびきり美味しいイタリアンと洋食もごちそうになってきました。最高。

BodyInformでした

Photo

普段の活動範囲では休止前最後のDJでした。まったく悔いの残らない集大成的なプレイができて良かったですヽ(´ー`)ノ

Fumiaki Kobayashi @BodyInform-20140201 Playlist
1 Ionized – Original Mix / Monolake [CINAMASCOPE]
2 Stanford Prison (Original Mix) / Lucy [Stroboscopic Aretfacts]
3 Reduced Life Expectancy 7 / Monica Hits The Ground [Horizontal Ground]
4 Aw09 / Svreca [Semantica]
5 Kufcoy (BCR Boys Remix) / Thanatos [Parallel 125]
6 Keychain – Original Mix / Jeroen Liebregts [Audio Assault]
7 Vent (Original Mix) / Xhin [Stroboscopic Aretfacts]
8 Lionheart (Original Mix) / Operator (UK) [Audio Assault]
9 Shelter – Original Mix / Marcel Dettmann [Ostgut Ton]
10 Reduced Life Expectancy 2 / Monica Hits The Ground [Horizontal Ground]
11 Structural Calculation – Original Mix / Go Hiyama [TSUNAMI RECORDS]
12 Summoning Sequence (Ancient Methods Remix) / Scalameriya [Genesa Records]
13 Construction Tool (Original Mix) / Patrick Pulsinger [disko B]
14 Remind the Form / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
15 Transparent Radiation / Surgeon [Dynamic Tension]
16 Blood Witness – Original Mix / Regis [Blackest Ever Black]
17 Polar Era (Digital Bonus – Ancient Methods Extended Mix) / Agony Forces [Lycaon]
18 Death Tree (Ancient Methods Rearrangement) / Delusions [Ballistic Delusions]
19 Shaper of the Unknown – Original Mix / Surgeon [Counterbalance]
20 Tone Explotation – Planetary Assault Systems remix / The Nighttripper [Underground Liberation]
21 Narratif / Svreca [Semantica]
22 Ductil (Original Mix) / Marcel Dettmann [Ostgut Ton]
23 Syntax / Mary Velo [FROZEN BORDER]
24 Stoq – Original Mix / Perc [Stroboscopic Artefacts]
25 Explore Depth Machine / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
26 Gantz Graf – Original Mix / Autechre [Warp Records]
27 Perseverance (Original Mix) / Dadub [Stroboscopic Artefacts]
28 STEKA A HARA / Cari Lekebusch [drumcode]
29 Utility Plastics Vol. 3 B / Richard Turner [Utility Plactics]
30 Fist – Original Mix / British Murder Boys [Downwards]
31 (Intro) – Version II / Surgeon [Tresor]
32 Vent (Pfirter Remix) / Xhin [Stroboscopic Artefacts]

このあと控えている広島遠征もそうなんですが、最後ということを極力意識せずにセンチメンタリズムは排除するように心がけています。イベントの趣旨と積み上げてきた今ある自分の音楽観を軸に据えています(最後の方だけはちょっとだけ懐かしみましたがw

あと今回はDJの締めと同時にこれから始める新しい音をお届けしようということで、Puredataで組み上げたノイズモジュールの先行試作プログラムを使用しました。安定動作するかどうかビクビクしてたんですが、終始安定してた上にレスポンスも申し分なかったです。ロクに試してなかったにもかかわらず、DJにもうまく組み込めて自分としては非常に楽しめました。ちょっと録音を聞いてみたら思ったよりキチった音が出ててゲラゲラ笑ってしまったw聴いてた人はどう感じたんでしょうか…

PuredataLiveModule

あけましておめでとうございます

今年の年賀状はこんな感じでした。去年のバリで撮ったバロンさま。こっちでいう獅子舞みたいなものなので。

nenga2014

去年はずっと考えてばかりだったので、今年は行動の年にします。ハッタリでも強気に行きたいです。

予定では残り三回となったDJのスケジュールをまとめてお知らせします。各イベント詳細はリンク先にて。

1/25(sat) 13:00-20:00
エリア『ピコピコ』88 その21 第二回ファラオ杯争奪ゲーム音楽系DJタッグマッチ at 月あかり夢てらす(Kawasaki)
http://www.88nite.com/info.html
ツヴァサ君との4decksVGMユニット、Twin Stick名義での最終ギグです。ファラオの称号をかけたk.h.d.n.さんとここう&佐々木(現ファラオ)の戦いに軽やかに横槍を入れたいと思います。称号はいらんけど。うっかり勝ったらDJが休業できません!

2/1(sat) 16:00-22:00
BodyInform at sabaco(Waseda)
BIflyer
http://bi.epxstudio.com/
関東では最後のDJです。いつもどおりコンセプトどおり、淡々と粛々とやります。

2/14(Fri) 22:00 – 05:00
depth at Bar Edge(Hiroshima)
depthflyerA
http://jp.residentadvisor.net/event.aspx?546287
DJ mycoplasma女史に招聘されて三度目の広島でのプレイです。休業を決める前にオファーを頂いていたので、図らずも広島遠征が最後のプレイ機会に成ってしまいました。いろいろ万感の思いもあるんですが、期待されていることはわかっているので、それに完璧に応じたいと思います。

以上、各々見れるのは最後の機会ばっかりなので、是非いじりに来て下さい。

DJお休みします。

先月のBodyInformから秋葉原重工直前くらいまでの間にいろいろと悩みぬきまして、今受けてるオファー以降のDJとしての活動を無期限で休止することにしました。秋葉原重工ラストで告知することがなくてうっかりマイクを通して発表してしまい、一介のアマチュアごときがいちいち宣言するのもどうかと思ったんですが、後日心が揺らいだ時に自分で再認するための宣言として記載しておきます。

嫌で辞めるわけではないので無期限休止という表現にしましたが(再開することがあったら恥ずかしい)、事実上引退だと思います。心の底から好きでも諦めるべきことはあるんだな、と思い知りました。大人になってしまった…。実際の思考プロセスはかなり複雑なんですが、大雑把に理由をいうと時間が足りない、ということに尽きます(汗)

・ライブでの活動を見据えたシステム構築と技術習得を進める上で、必要十分な条件を揃えるのに必要な時間の確保。
・DJとして研鑽し、自分が理想とするプレイスタイルを実現するために必要な時間の確保。
この2つが状況的に圧倒的に両立できない、というかかたっぽでも相当難しいところまで来たと感じたので、やむを得ず上を取った形です。

制作については、今年アタマからずっと、ここまで孤独に自分を追い詰めてまで音活を続けている意義と、音楽の(文化的、社会的それぞれの)価値がどこにあるのか考え続けてきたんですが、それについておぼろげに気持ちが固まってきて、それら全てが基準点になっています。簡単に書くと、音活の意義は人の心を豊かにすることで、音楽の価値は人の心で担保される、という…っていうかオレさらっとすごいスピリチュアルなこと書いてますよね…これは引くしモテねえわwホントは記事一個書いてしまおうかと思ってたんですが、クランケ扱い確定ものなので…(もう手遅れかも)。これが戯言で終わるか真に迫るか、実際に実行しないと意味がないので、覚悟を決めて臨みたいと思ってます。その上で、先日も記事にした音響プログラミングと、実際のライブシステム運用に向けた環境の模索、パーツや音色単位での素材作成など、必要なことが膨大にある上に自分の技術や能力、時間がまったく足りてないが現状です。かなり焦ってます(;´Д`)

DJについてはいい評価もあってそれはそれで嬉しいんですが、自分の中ではどんどん下手になってて。良くて現状維持。最近は完全に手癖だけでこなしてます。曲のスクリーニングが満足にできて無くて、イベント直前にbeatportで2,3秒聴いただけで決済してセットに組み込んで、リストの半分は訊かれても誰のなんて曲だかわからないのがザラで(まぁテクノでは往々にしてあることにしても)よくないなぁと。それでも自分らしいDJが成立する理論とシステムを構築したのはある意味成果なんですが、この先に進むためには気持ちの熱量が不足している。技術以外に、もっとアーティストに気持ちで寄り添ったり、トラックに思い入れを込めて曲を紡げるかが大切で、それが出来るいいDJが周りに居ることを痛切に感じたので、自分が中途半端にDJやるよりもそういう人たちに使ってもらえる曲を作りたいな、と思ってます。

なんか色々書きましたが、全部自分に向かって完結したものなので、他の人がこれを読んでどう考えるか、感じるかは一切関知しません。でももし良い影響を与えられたなら、とても光栄なことだと思います。

自分はMIDI打ち込みから音楽を始めて、クラブミュージックを作り始めてからもしばらくはDJはやるつもりがなかったんですが、理解を深めたくて23でDJを始めました。以来13年草DJとして活動してきましたが、いつもすごく楽しかったし沢山の成果を得て元の場所に持ち返る心境です。DJの残りオファーは3つ。ひとつはTBAですが年明けにTwinStick名義で。ひとつは2/1にレジデントで参加してるBodyInform@sabacoで。最後はこれもTBAですが2月中旬に遠征で、改めて告知しますがこれが最後になる予定です。関東圏の方は2/1のBIが実質最後かな。最後まで全力で自分らしいプレイをしますんで、遊びに来て頂けると嬉しいです。よろしくお付き合い下さいませ。

※追記
レジデントで参加してるイベント(秋葉原重工、BodyInform)に関しては今後全て、運営とライブで関わります(それまでに準備できなかったら死…)。以降順次、他のイベントなどでも出演出来るようになれたらいいなぁ(消極的)

Machine Flowers vol.1 release

20131108-233351.jpg

先日のM3で突発CDRを出したんですが、ジャケットを付けてBnadcampにアップロードしました。
タイトルも若干変えてこれで正式リリースとします。
それぞれの曲でSoundCloudやCDRでの初出とはマスタリングが異なってます。

Bandcampは気合入れたアルバムとかよりこれくらいの小作品で回転上げるのに使い勝手が良いですね。
気になってた1曲めをちょっと時間があってマスタリングし直したんですが、そこからジャケット作ってアップロードまで一時間くらいで終わりました。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top