Home > 日記/雑記 > qualia 2 Production Note #02 各トラック解説

qualia 2 Production Note #02 各トラック解説

はいはいまた長文ですよ〜。今回は曲とか機材(というかソフトウェア)解説

1. Disgusted at Rainy Days
今年の冬は雨が多くてうんざりしたねっていう曲です。湿って暗い=ダブみたいなのも安直でどうかとは思いますが…。図らずも先日ご紹介したtecraさんの新譜がダブミニマルメインでしたが、ミニマルをやる上で聖典ベーシックチャンネルをどう読み解くのか。影を追い求めつつカウンターを忍ばせたくて作った曲です。やいばのしたにこころあり。

ベーチャンの音って当時のアナログエンジニアリングの中でも、闇プロ的な裏技術で作られてると思うんですが、今の高度なソフトウェアのなんでもありな世界って、ある意味もっとえげつないことができちゃうという。なので、逆に今こそベーチャンの何がかっこよかったのかを見極めて、あの世界観を自己流で拡張してやるくらいの意気込みで取り組みました。ベーチャン聴く度に、これ20年前に先にやられてたら絶対勝てないわーと思っちゃうんですけど、最近は自戒的に20年以上前の曲にビビってんじゃねーよ!と思ってます(信者に殺されそう…)

それにしても二重、三重のディレイ、リバーブのセンドリターンが結線なしに組めたり、オートメーションが何度でも書き直せたりは、現代の特権ですねー。逆にアナログ的な変質やクロストーク的な信号、回路由来のノイズで出る空気感みたいなものは当然難しい。今回わざとらしいのを承知であえてオシレーターノイズを全編に流しこんでみましたが、このへんはハードウェアの持つ偶発性の面白みには敵いませんねぇ。

2. Galungan in Kuta
2月にバリ島に行きまして、案の定というか予定通りというかガムラン、特にジェゴグにすっかり魅了されました。詳しくはその時の日記を読んでもらうとして、プールサイドから部屋へ帰る途中でよく聴いた、ホテルのロビーから屋外へ抜けて聞こえてくるティンクリックの音と、クタの夜に聴いたジェゴグの低域の呻り、この2つを記憶に閉じ込める作業として制作しました。

一瞬本気で本物の竹ガムランを買おうかと検索したんですが、流石にサンプリングCDをお取り寄せしました。バリの音階はインドネシアの音楽とも微妙に異なる5音階で、琉球音階とかと同じでそれさえ押さえてれば雰囲気は出せます…厳密にはハーフトーンがあったり西洋音階とチューニングが違う(しかも竹ぶった切ってるだけだから楽器ごと適当ズレてる)けど、そこ凝っちゃうとシンセとか他のパート入れられなくなっちゃうので(;´Д`)ティンクリックは二台で一組の原則を踏襲してパン振ってチューニングずらしてプログラムしてあります、確か。でも打ち込みはいつも通り、あえて生っぽくはしてないです。低域のジェゴグは独特の呻りだけ欲しかったので、打撃音を殺すためにKontaktのToneMachineでシンセっぽい音に加工してあります。まぁ本物のソニックブームには到底追いつかないので、雰囲気だけ…

他のパートも雰囲気だけ作ってますwので全体的には全然習作です。所々出てくる波の音は実際にクタビーチ(全然綺麗じゃない)でiPhoneで録音した音です。

3. Flash Past
(いろんな意味で)真っ暗の中仕事してる時に見る、流れてる街灯をイメージして作った曲です。一番最近のミニマルっぽい曲で胸熱ですね。ほとんど一周して戻ってきてる感じですが、Stroboscopic Artefactsとかの後追い感しかないwもあ〜って鳴ってるのはReaktorのプリセットで、Industrial Technoの人は使ってる人多いんじゃないかなー。リズムはほとんどSonicCharge MicroTonicです。今回かなり切羽詰まってて、MachineDrumからCubaseに取り込む余裕無さそうだったんで、代用としてVSTiのコイツで猛烈な勢いで音作ってましたが、代用以上の活躍をしてくれました。Synplantと違ってシンプルで基本を抑えたリズムマシンででオススメ。

もう少しアグレッシブな変化を付けないとDadubとかXhinには勝てませんねぇ。わざと中域を空け気味に作ってあって、自分のDJ用の実用度としては良しとしてますw

4. Lost (VersionII)
全然制作が進まず、取り急ぎ曲数を稼ぐためにSoundCloudに上げてたPresence 002の曲のライブ向けリミックスを焼き直しましたです…(;´Д`)まぁ結構気に入ってる曲なのでちゃんと出したかったのもあります。でもプラグインの都合でミックスからマスタリングまではやり直してて、前のは潰してるだけって感じでしたが、こっちは立体的にミックスしつつ、音の立ち上がりを良くしてるつもりです。好みでお好きな方をご利用下さい。

コレで使ってるキックは汎用性が高くて、ゴリゴリのハードテクノばっかり作ってた頃に褒められた曲は大体このキックでしたw(唯一の商業ですら使ってるわw)アタックとリリースどちらも金属的で独特です。参考までにDanceMegaDrums2のどっかに入ってます。

5. Altar Track (Spring Dub Mix)
前作の二曲目をドローン化した曲です。去年リリースされたBvdub/Thenが超絶ドローン盤で、ちょうど自分がやりたかったことをすっかりやられてしまって、しっかり参考にさせてもらいましたw

和声学的にこれはアウトというか、言ったらおしまいなんですが、数学的な分割で作られた(厳密論は置いといて)西洋音階はある程度協和〜不協和の度合いがあるにしても、どんな重ね方してもそうそう破綻しないなと思ってて、クラスター的な不協和音の中に協和音があると仮定して、そこから協和音を取り出す作業をすると。というところまではいってませんが、バックグラウンドに二つの4音コードを同時に鳴らした不協和ドローンがずっと鳴ってて、そこに個別のコードを入れると浮き上がってくるかな、という実験をしてます。文章だと全然わけわかんないですね…。

でも今年吹き荒れた春の嵐っぽい感じで結構気に入ってます。

6. Twilight Wharf (Night Vision Mix)
最初Burialっぽいダブステップを作ろうとして見事に頓挫した挙句、前作のリミックスに方向修正して結局Scubaみたいになってない?っていう曲です。ダブステップは案外雑に作れるんじゃないか、という雑な発想から取り掛かって、途中までは雑で良い感じだったんですが…うーん。微妙な空気感とかリズムのズッコケ感とか、思ってるほど緻密ではない気がしてるんですが(例えば古いリズムマシンに直でビンテージコンプ複数かけるみたいな)、ウワモノがまったく解析できないでいます。ブラックミュージックからサンプリングしてるっていうヒントはあるんだけど。そうこうしてるうちに新作で進化してる感あるBurial…

っていうか最近ダブステップって連呼してると、気をつけないとイメージのスレ違いが起きてるんですよね…すっかりロックとかテクノと同レベルの曖昧ジャンルにまで成り上がりましたねー(ニッコリ)

リミックスなので流用してますが、リズムだけ完全入替え。ベース以外はわりといじってますね。ピアノのバッキングなんか原曲からそのままサンプリングしたものを加工してますが、相当無理やりアタック感出してます。

7. 35 Tones Circulation
制作に追われてる最中に残念ながら35歳の誕生日を迎えたので、35個の音が回転してるだけの残念な曲を作りました。メロはSonicCharge Synplantを3本、同じ音色で微妙に設定をずらしたものを並行して、一つにモジュレーションをかけつつ鳴らしてます。Synplantのモジュレーションの変態ぶりが遺憾なく発揮されてます。キーはF(苦笑)シーケンスはReaktorのプリセットでクルクル回転するシーケンサがあって、それで自動生成してます。これ気に入ったのでまた使いますw動画で見せたいw

これもそうなんですが、最近は自動作曲というか演繹的に生成出来るシーケンスに興味があって。一番簡単な例で言うとアルペジエーターなんですが、古くはKOAN PROみたいな、指向性をパラメーターで設定して延々シーケンスを生成して曲を作ってみたくて。別にラクをしたいわけじゃなくて、自分の感覚をパラメーター化してシステムにかけることで、自分のイメージを超えるシーケンスが作れたら面白いなぁと、上手く説明できないけどそういう感じです。っていうかKOAN PROみたいなソフト現行でないですかね…

あと、シーケンスだけだとなんか寂しかったのでノイズを適当に入れましたが、なんか今回どの曲もよくわからない”制作者が意図したノイズ”ばっかりですいません…購入した人全員に返品されかねないレベル…

◯マスタリング
前作同様コンプでガシガシ潰したりはしてませんが、工程は変えました。前作はリリース後に聴いたら、なんか音像がぼんやりしてるように思ってガッカリしたのでそのへん気をつけた(というか多分使ったプラグインが悪かった)のと、シリーズ的には音圧より透明感と立体感を高くしていく気持ちでやってます。

今回は大まかに書くと、曲は-6db(peakで)くらいを狙ってミックスしといて、Vintage Warmer(Kneeを少し上げて少しドライブ)Magneto(少しテープサチュ+質感を変える)SSL G-Master Bus Comp(アタック感調整)Pulse-Tech EQ(低、中域下げ)NEQ-1972(中、高域上げ)Invisible Limiter(レベルゼロ合わせのみ)標準フェーダー(曲毎レベル調整)Invisible Limiter(ちょっとだけ音圧稼ぎ)44.1変換という感じでした。

EQ設定はうろ覚えでちょっと違ったかもしれません。どちらも年末セールで買ったNomadFactory全部入りに入ってたもので、ここのメーカーのはどこのフォーラムでも結構ボロクソに叩かれてますが、(セール価格から考えたら)かなり良い方だと思います。かかりが分かりにくいと言われるのは、逆に言えば慎重にかけれるし、嘘くさいビンテージ臭と言われてるのは、ビンテージスイッチを切って使えば大丈夫wと、これ以上突っ込むとキリがないのでやめますが、WAVESとかUAとか手が出なければこっちでいい気がしてます。逆にそれらとの差がわかるなら、そっちが買えるだけの金を得る能力があると思いますw

アナログビンテージEQの何がいいって、帯域が決まってるとこw最初っからおいしいポイントになってるのでめんどくさくない。細かいピーク取りとかのEQは、少なくとも一人完パケの場合はミックスの時点で済ませられますし、そこで気づかなければマスタリングでどうこう出来るもんじゃないし。まぁこちとら根っからアマチュアで、アナログビンテージEQなんて当然実機触った事無いですから、そのへんはノリというか気分でぶっこんでます。

Dyn系はVintageWarmerはさすがに使い古した感があるので、他のチューブ系でいいのがあれば変えてもいいなぁという気がしてます。その後のMagnetoは更に古いんですが(Steinbergはサポート辞めてる)、これのColorノブが他には代えがたい効果があって…代替え品捜索中。フェーダーはFreeG使いたかったんですが、うちの環境上手く動かなかった…。Invisible Limiterは日本の方が作ってるっていうかもう知ってる人は知ってるであろう秀逸なリミッターです。フリーで持ってた頃とはだいぶ変わってたんで今回買いました。L2とかL3並に突っ込める(突っ込まないけど)のと、オーバーサンプリングが出来るのが(効果の程はよくわかんないけど)面白いです。てか安い。


qualia 2 [GAR-q002]
Music & Photography : Fumiaki Kobayashi
Design : 12d

  1. Disgusted at Rainy Days
  2. Galungan in Kuta
  3. Flash Past
  4. Lost (VersionII)
  5. Altar Track (Spring Dub Mix)
  6. Twilight Wharf (Night Vision Mix)
  7. 35 Tones Circulation

Price : 1000yen (Event Only Price) / 1500yen (Shop Price)
Release on 30,Apr,2012 at M3-2012Spring.
TRC あ08b “gatearray recordings”

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://gatearray-recordings.net/blog/archives/1105/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
qualia 2 Production Note #02 各トラック解説 from gatearray recordings blog

Home > 日記/雑記 > qualia 2 Production Note #02 各トラック解説

Search
Feeds
Meta

Return to page top