Home > 音楽 | 告知 > Presence 001 iTunes Store release!

Presence 001 iTunes Store release!

Presence 001 EP (Open iTunes)

6/1 iTSで配信開始しました!iTS以外にも配信委託しているので、配信先がわかり次第順次お知らせします!beatportとjuno downloadで出せるといいなぁ。

—–
というわけで、クリプトンさんから配信委託サービス“RouteR”が開始しまして、我こそはと速攻で人柱登録してみました。iTSリリースの際に曲が間違われてたりトラブルがありましたが、メールしたら迅速に対応して頂けました。本日修正も確認できての告知です。実験的にリリースしてみたので、以降のリリースの予定はないんですが…というかぶっちゃけ登録料が結構バカにならないので、回収しないとちょっと次が出せません><

で、利用してみた感じですが、登録は全てオンライン上で済むし、非常にスムーズでした。まずレーベル情報を登録をして、その後にリリースするアルバム単位でアルバム情報を登録、アルバムセットアップ料の支払い(クレカ)をしたら、サーバーに16bit44.1kHzのwavで曲をアップロードすれば完了です。

曲の審査みたいなものはありません。よっぽど残念か邪悪な内容でなければ、誰でも何でも委託までは出来ると思いますが、その先の配信サービスに蹴られる可能性がありそうです。iTS以外の配信先は自分で指定は出来ず、まとめてパッケージになってて、多分登録手続きを片っ端から代行して、あとは配信先次第なんじゃないかと(流石に萌えボイスCDとかをbeatportには出せんでしょw)。なので、開けてみるまでどこで配信されるか不透明なのはちょっと残念です。

登録料に関してはまぁ考え方次第ですね。安くはないですが自分でオンラインの販路を自分で開拓する手間を考えたら、ましてiTSとそれ以外の販路を一気通貫で確保する労力を考えたら、全然アリだと思います。まして(まだ出せるかわかりませんが)beatportやjunodowloadが使えるのは大きいです。

その辺、金額面とRouteRの取ったビジネスモデルに関する考察や、今後の自主制作流通に関する考察なんかも展開しようかと思ったんですが、無駄に長文になりそうな割りには誰でも考えつくだろその程度みたいなことしか思いつかなかったので、やめときます。しかし誰でもiTSを使って音楽流通が出来るとは、恐ろしい時代になったものです。

以上、簡単ですが配信開始の報告と、RouteRに関するレポートでした。何か聞きたいことがあればコメ欄にどぞ。

明日にはPresence seventhの告知書かなきゃ…

Comments:3

R-9 10-06-03 (木) 0:16

Appleの審査とかって厳格そうでしたけど、意外にもiTSが最初でしたね。
諸々お疲れさまでした。

akirafukuoka 10-06-03 (木) 1:35

おつかれさまですー!早速購入しました!
ほんとすごい時代になったものですね。

フミアキ 10-06-03 (木) 22:14

>R-9君
ホント意外だった。まぁiTSの配信委託サービス自体は既にいくつかあったみたいだけどね。ここまで簡単なのは無かったはず。

>フクオカ君
サポートありがとおおお!
どんどん登録したいところだけどセットアップ料が><

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://gatearray-recordings.net/blog/archives/503/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Presence 001 iTunes Store release! from gatearray recordings blog

Home > 音楽 | 告知 > Presence 001 iTunes Store release!

Search
Feeds
Meta

Return to page top