Home > 告知 Archive

告知 Archive

DJお休みします。

先月のBodyInformから秋葉原重工直前くらいまでの間にいろいろと悩みぬきまして、今受けてるオファー以降のDJとしての活動を無期限で休止することにしました。秋葉原重工ラストで告知することがなくてうっかりマイクを通して発表してしまい、一介のアマチュアごときがいちいち宣言するのもどうかと思ったんですが、後日心が揺らいだ時に自分で再認するための宣言として記載しておきます。

嫌で辞めるわけではないので無期限休止という表現にしましたが(再開することがあったら恥ずかしい)、事実上引退だと思います。心の底から好きでも諦めるべきことはあるんだな、と思い知りました。大人になってしまった…。実際の思考プロセスはかなり複雑なんですが、大雑把に理由をいうと時間が足りない、ということに尽きます(汗)

・ライブでの活動を見据えたシステム構築と技術習得を進める上で、必要十分な条件を揃えるのに必要な時間の確保。
・DJとして研鑽し、自分が理想とするプレイスタイルを実現するために必要な時間の確保。
この2つが状況的に圧倒的に両立できない、というかかたっぽでも相当難しいところまで来たと感じたので、やむを得ず上を取った形です。

制作については、今年アタマからずっと、ここまで孤独に自分を追い詰めてまで音活を続けている意義と、音楽の(文化的、社会的それぞれの)価値がどこにあるのか考え続けてきたんですが、それについておぼろげに気持ちが固まってきて、それら全てが基準点になっています。簡単に書くと、音活の意義は人の心を豊かにすることで、音楽の価値は人の心で担保される、という…っていうかオレさらっとすごいスピリチュアルなこと書いてますよね…これは引くしモテねえわwホントは記事一個書いてしまおうかと思ってたんですが、クランケ扱い確定ものなので…(もう手遅れかも)。これが戯言で終わるか真に迫るか、実際に実行しないと意味がないので、覚悟を決めて臨みたいと思ってます。その上で、先日も記事にした音響プログラミングと、実際のライブシステム運用に向けた環境の模索、パーツや音色単位での素材作成など、必要なことが膨大にある上に自分の技術や能力、時間がまったく足りてないが現状です。かなり焦ってます(;´Д`)

DJについてはいい評価もあってそれはそれで嬉しいんですが、自分の中ではどんどん下手になってて。良くて現状維持。最近は完全に手癖だけでこなしてます。曲のスクリーニングが満足にできて無くて、イベント直前にbeatportで2,3秒聴いただけで決済してセットに組み込んで、リストの半分は訊かれても誰のなんて曲だかわからないのがザラで(まぁテクノでは往々にしてあることにしても)よくないなぁと。それでも自分らしいDJが成立する理論とシステムを構築したのはある意味成果なんですが、この先に進むためには気持ちの熱量が不足している。技術以外に、もっとアーティストに気持ちで寄り添ったり、トラックに思い入れを込めて曲を紡げるかが大切で、それが出来るいいDJが周りに居ることを痛切に感じたので、自分が中途半端にDJやるよりもそういう人たちに使ってもらえる曲を作りたいな、と思ってます。

なんか色々書きましたが、全部自分に向かって完結したものなので、他の人がこれを読んでどう考えるか、感じるかは一切関知しません。でももし良い影響を与えられたなら、とても光栄なことだと思います。

自分はMIDI打ち込みから音楽を始めて、クラブミュージックを作り始めてからもしばらくはDJはやるつもりがなかったんですが、理解を深めたくて23でDJを始めました。以来13年草DJとして活動してきましたが、いつもすごく楽しかったし沢山の成果を得て元の場所に持ち返る心境です。DJの残りオファーは3つ。ひとつはTBAですが年明けにTwinStick名義で。ひとつは2/1にレジデントで参加してるBodyInform@sabacoで。最後はこれもTBAですが2月中旬に遠征で、改めて告知しますがこれが最後になる予定です。関東圏の方は2/1のBIが実質最後かな。最後まで全力で自分らしいプレイをしますんで、遊びに来て頂けると嬉しいです。よろしくお付き合い下さいませ。

※追記
レジデントで参加してるイベント(秋葉原重工、BodyInform)に関しては今後全て、運営とライブで関わります(それまでに準備できなかったら死…)。以降順次、他のイベントなどでも出演出来るようになれたらいいなぁ(消極的)

Machine Flowers vol.1 release

20131108-233351.jpg

先日のM3で突発CDRを出したんですが、ジャケットを付けてBnadcampにアップロードしました。
タイトルも若干変えてこれで正式リリースとします。
それぞれの曲でSoundCloudやCDRでの初出とはマスタリングが異なってます。

Bandcampは気合入れたアルバムとかよりこれくらいの小作品で回転上げるのに使い勝手が良いですね。
気になってた1曲めをちょっと時間があってマスタリングし直したんですが、そこからジャケット作ってアップロードまで一時間くらいで終わりました。

7/19(金) 魔Qイベント4前夜公開USTREAM in 鷹774

2013.07.19 Vol.2 魔Qオンリーイベント4前夜公開UST in 鷹774

7/20に開催される「魔Q少女M∀STERあらしZオンリーイベント4 in 第52回日本SF大会」の前日公開USTREAM配信!DJとトークを配信します。

日時
2013年7月19日(金) 21時スタート

料金
1ドリンクオーダー(500円)

場所
スリムチャンススタジオ

コスプレ
コスプレ可。更衣室完備

DJ
SEKITOVA
Fumiaki Kobayashi (gatearray recordings / 秋葉原重工)
semama inco
Mi-Yan (STEP!)
みかすけ (ツンデレーション)

USTREAM
http://ustream.com/channel/maqonly

7/20開催の魔Q少女M∀STERあらしZオンリーイベント4に合わせて広島に遊びに行ってきます。で、せっかくなので観光がてら前日入りするんですが、前日夜に前夜祭イベントをやるということで、そちらにDJで出演させていただくことになりました。鷹774というフリーの定期イベントの企画として開催しているので、現地参加でもUSTREAM配信でも楽しめます。

去年広島にDJで呼ばれて以来、秋葉原重工を含めて(主にたかうけ君を通して)たくさん交流があり、再び広島でプレイできるということで非常に楽しみです。魔Q本編も含めて楽しんできます。

5/19(Sun.) Body Inform#4 at Sabaco

BI#4

“Body Inform”

2013-05-19(Sun.) 15:00-21:00
door: 2,000yen (incl.1d) / discount: 1,500yen (incl.1d)
@音楽喫茶 茶箱 (早稲田) http://sabaco.jp

DJ:
iz (izmix)
wat (THRUST/秋葉原重工)
Fumiaki Kobayashi (gatearray recordings/秋葉原重工)
R-9 (EPX studio/Body Inform)

<体験>が連鎖する――古くて新しい、スタンダードなテクノパーティー。

第4回パーティーのDJは、アンダーグラウンドな音源をストーリー性豊かに綴る[ iz ]、フロアで育てた鋭敏な感性で強固なグルーヴを紡ぐ[ wat ]、トラックメーカーとして確立した独自の硬質な世界観をDJスタイルにも投影し続ける[ Fumiaki Kobayashi ]を迎え、それぞれ90分間、徹底して没入できる空間を作ります。

暗闇のなか打ち鳴らされる、硬く重いキック――踊ることに特化した、素のままのテクノの魅力を届けます。

http://bi.epxstudio.com/

ディスカウントについて
以下ご利用の方はディスカウント料金の1,500円(1ドリンク込み)にてご入場いただけます。

Tweetviteディスカウント
Tweetviteパーティー告知ページにてイベント前日までに「Yes」にご登録いただいた方が対象となります。受付にて、Twitterアカウント名をご提示ください。
フライヤーディスカウント
各所にて配布中のフライヤーをご提示いただいた方が対象となります。
バッジディスカウント
以前のイベントにて配布した特典ロゴバッジをご提示いただいた方が対象となります。

タイムテーブル
15:00-16:30 iz
16:30-18:00 Fumiaki Kobayashi
18:00-19:30 wat
19:30-21:00 R-9

骨太なコンセプトサウンドでコアなテクノファンに訴求し続ける、R-9君主催のパーティー”Body Inform”が、昨年の7月以来久々の開催です。今回も徹頭徹尾、テクノを体感するということだけに専念できる空間をご用意してお待ちしております。

2/23 秋葉原重工#7@MOGRA

20130110-210612.jpg

秋葉原重工 – Akihabara Heavy Industry Inc. #7

2013/02/23 (Sat.) 14:00 – 20:00

■entrance
Door 2,500 JPY / 1d
w/f 2,000 JPY / 1d

■Guest DJs:
SEKITOVA
TAKAMI ( REBOOT / MOON AGE / BUZZ×3 / “7″ )
Sango ( Hardonize / IGNITION )
megsis ( VOCALOID-ManiaX )

■Guest VJ:
neknee

■ Resident DJs:
wat ( THRUST / ExTEND )
Fumiaki Kobayashi ( gatearray recordings )
Atsushi Ohara ( LINEAR / Assaultworks )
Takayuki Kamiya ( プロジェクト魔Q / Linkage )

■ Resident VJs:
12d ( FIVE DOT ONE )
Akira Fukuoka ( Raw-Fi )
beef_m
KAZUMiX & PePcoMiX ( 1st-impact )

———————
設立から三年目に突入しました秋葉原重工2013年最初の操業です。
今回はデイイベントということで、くれぐれも出勤時間をお間違いなきよう、よろしくお願いします。
デイイベントということは今まで入場不可だった未成年も参加できるので、MOGRAでクラブミュージックが聴いてみたいけど…という若者こそこの機会に是非!

エントランスにてコンピレーションCD、タオル二種の販売もやります!

秋葉原重工 M3 2012秋参加のご案内

10/28(Sun) M3 2012秋@TRC(東京流通センター) http://www.m3net.jp/
第一展示場 I-06b “秋葉原重工”

秋葉原MOGRA発の硬派テクノパーティー”秋葉原重工”がM3に進出!
第一弾公式グッズとして、コンピレーションCDとタオル二種類を販売します。

【秋葉原重工コンピレーション01】 1,000円

Track List
1. The Furnace Sounds In The Darkness / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
2. adapt / wat [THRUST]
3. Explore Depth Machine / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
4. Exp / Takayuki Kamiya [Project Maq / Linkage], Satella [extracode / Unitone / Linkage]
5. lower down / Causalitizm [Material Cause Records]
6. Reactance Probe Session #01 / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
7. Process Operation(Step1) / Atsushi Ohara [LINEAR / Assaultworks]
8. outgrowth(2012) / Causalitizm [Material Cause Records]

Artwork: 12d

これがデビュー作となる弊社CEO Takayuki Kamiyaを筆頭に、実力派トラックメーカーの秋葉原重工役員陣による渾身の8トラック。
イベント名から連想されるハードなテクノだけでなく、深めのミニマルからアッパーなドラムンベースまで、これまでの操業に裏打ちされた幅広い重工直系サウンドをお届けします。

【秋葉原重工公式タオルA、B】 各1,000円
Design: beef_m
Logo Typography: 12d

秋葉原重工より、日頃多くの好評をお寄せいただいているイベント名とロゴをモチーフにした公式グッズが登場します!
第一弾として弊社VJ、beef_mデザインによるタオル二種類です。
Aは評判の企業ロゴを全面にプリントしたシンプルなもの、Bは工場の写真を元にしたモダンなアート系デザインです。

秋葉原重工タオルA

秋葉原重工タオルB

これらの商品はM3以降役員参加のイベントや秋葉原重工開催時に順次販売いたします。数に限りがありますので、確実に手に入れたい方はM3でのご購入をお勧めします!

——
というわけで今回のM3は自分のプロジェクトはお休みして、こちらの制作に専念してました。いちいちクレジットしませんでしたがすべての制作進行と、コンピCDはディレクション、CDマスタリングまでやりましたので、一人で自分のCD作るより歯ごたえがありましたw

コンピレーションには3曲提供しました。一曲目のは最後に少し入稿まで余裕があったので、急ぎで作った曲。深夜の工場地帯っぽいドローンを作りたかっので。あとの二曲はMachine Drumだけで作った、結構スタンダードなインダストリアルテクノです。Machine Drumは例によって全部Cubaseにパラ録りしてからミックス、マスタリングしてあります。

タオル類は最初のグッズなので比較的シンプル目になりました。あんまり凝ったこと出来るほど予算もないので…今後売れ行きが良ければ別デザインやTシャツ等の新しいグッズも考えていきます。

あとグッズの収益はそのままイベントとしての秋葉原重工の資本力になるので、お買い上げ頂いた分だけイベントで面白いことが出来るようになります。秋葉原重工を好意的に思って頂いている方は、支援の意味も込めて是非一通り買って頂けると助かります。

またM3当日はgatearray recordingsから秋葉原重工に委託する形でqualia1、qualia2を持ち込みますので、合わせて宜しくお願いします(完全にマッチポンプw)。

10/07 秋葉原重工#6 @MOGRA

10/07 秋葉原重工#6 @MOGRA
23:00-

■entrance
Door 2,500 JPY / 1d
w/f 2,000 JPY / 1d

■Guest DJs:
DJ U ( upsets / aset )
ミツビシQタロー ( ツンデレーション / プロジェクト魔Q )
R-9 ( EPX studio / Body Inform )

■Live
causalitizm ( Material Cause Records )

■ Resident DJs:
wat ( THRUST / ExTEND )
Fumiaki Kobayashi ( gatearray recordings )
Atsushi Ohara ( LINEAR / Assaultworks )
Takayuki Kamiya ( プロジェクト魔Q / Linkage )

■ Resident VJs:
12d ( FIVE DOT ONE )
Akira Fukuoka ( Raw-Fi )
beef_m
KAZUMiX & PePcoMiX ( 1st-impact )

http://club-mogra.jp/2012/10/07/1434/

いろいろあってバタバタしてしまいましたが、今度の祝日前の日曜夜に操業です!
ゲストに関してはリンク先のMOGRAのサイトにプロフィールが掲載されてるので、ぜひ御覧ください。

何気にPresenceクルーの3名が共演で揃うのはPresence以来ですよw

フライヤーは間に合わないので、画像提示などでの割引を用意する予定ですので、追加の情報をしばらくお待ちください!
というわけで、みなさまのご出勤をお待ちしております!

Home > 告知 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top