Home > Tags > テクノ

テクノ

インダストリアルフリークの為の鈍器テクノ壺アイコン

インダストリアル系のテクノについて言及する際、そのサウンドのメタファーとして”鈍器”という表現が定着して久しいと思います。これはその音の一つの特徴である重く、無機質で、鋭利なハンマービートが、あたかも「鈍器で殴ったような」音であるところに由来している、という説明に異存ある方はいらっしゃらないかと思います。

オレも日頃からR-9君やasagaoaudio君と会うたびに鈍器鈍器とはしゃいでいるわけですが、先日茶箱で160というイベントが催された際、ゲストでそのasagaoaudio君が参加していたということで、オーガナイザー兼お絵描き係のmarixがタイムテーブルの下に鈍器テクノを具象化して小さく”壺”を書いてたんですよ。

160
[R-9君撮影]

従来のオレらの共通イメージはおそらく鉄パイプとか、工業機械とかなんですが、そこに来てこの”壺”という発想のギャップに、壺だけにツボに入ってしまい、以降鈍器テクノのアイコンはオレの中で完全に壺に置き換えられてしまいました。

まぁ曖昧な記憶なんですが、女史曰く「鈍器っていうと人を殴り殺す壺のイメージが」とかなんとか。火サス!

その後、お絵描き絵日記でブタさんタコさんらに続くmarixファミリーとして華々しくデビューを飾ったところを、すかさずオレがtwitter用のアイコンとして鹵獲したら、「だったらちゃんと書くよ?!」と有り難いんだかなんなんだかよく判らないフラグが立ってしまい、今日マジでメールで納品されてきましたwwwww


(c)marix

ドギャーン!この存在感!ちゃんと音も出てる!

というわけでさっそく使わせていただいております。
みなさんもこれからはこの壺を鈍器テクノフリークのアイコンとして、仲良く使いましょう(^o^

marixはDJ/お絵描きストとしてピコピコカルチャージャパンで連載をやってます。ジワジワおもしろいのでチェケラ。

Home > Tags > テクノ

Search
Feeds
Meta

Return to page top