Home > Tags > ハワイ

ハワイ

Whale Watching Cruise

さてハワイ関連最後です。三日目に鯨が見れるクルーズに行きました。事前に行こうという話になっていたので、むむっこれは修行のチャンスだぜと、旅行前にGF1に付ける長望遠レンズを準備して臨みました。こいつ。

LINK: LUMIX G VARIO 45-200mm

クルーズ以外でも日中の遠景なんかはこれを使ってました。F4.0、45mmスタートなので街中や夜はほぼ単焦点の方でこなしました。



さて旅行は天気に恵まれてましたが、クルーズ当日もちょっと雲が出てる具合がまた良好で、日の角度もいい塩梅でした。昼頃にアロハタワーの側の港までツアーバスで行って、すぐ出航。船はナバテック号という名の大型クルーザー。他のクルーザーと違い双胴の足の早い船で、デッキの視点も低く、なんと鯨捜索用のレーダーまで積んでます…!! ランチ付きのクルーズで、みんなでごはんを食べてる間に鯨の生態に関する解説を聞き、その間に腕利きの船長が鯨を捜索、発見次第執拗に追跡して皆で観察するという素晴らしい段取り。この時期は繁殖と子育てのために、近ければ大体500m沖くらいに結構いるそうです。各国の観光客が乗ってるので基本英語ですが、日本人のスタッフも乗船していて補足してくれます。

ご飯を食べてから発見の館内放送まで、上の展望デッキで島の方を撮影してみました。レンズの話に戻りますが目一杯伸ばすと200mm、35mm換算で400mmまで伸びるんですが、そこまでやるとちょっと描写が甘くなる感じです。船が鯨までどれくらいまで寄るか分かないけど、いろいろ試して150mmくらいで撮ってみることにしました。


そうこうしてるうちに11時の方向に鯨発見との放送があったので、前方のデッキに移動。どうやら親子一組と、別に一頭泳いでるようで、時々潮を上げてはダイブしてくれました。さすがにジャンプはしてもらえませんでしたが、見つからないケースもあるので見つかっただけでも僥倖です。




150mmまで伸ばしても少し遠かったので、実際の撮影画像よりざっくりトリミングしてます。今回の撮影は初めての事だらけで、長望遠、不安定な船上、被写体が動体、しかも出現位置がランダムという初心者には結構厳しい条件でしたので、よくまぁちゃんと撮れたなとw とりあえずレンズは150mmで固定して、およその露出設定を決めて連写モードで構えてみたんですが、最初はファインダーを覗いた際の視野の狭さでどうやって狙っていいか分からず…。船は一応12時の方向に鯨が来るように誘導してくれてるのですが、確実に真正面に来るとは限りません。とりあえず顔の前まで持ち上げておいて、目視で潮を上げるのを確認してからそちらに向かって構えるというやり方でなんとか最初のショットが撮れました。そのうち鯨の浮上回数も増えて感覚が掴めてきたので、来そうなタイミングでファインダーを覗きながらカメラを左右に振って、潮が確認出来た瞬間に潮の根元にフォーカス→連写、というやり方でかなりの枚数が撮影できました。それでも素人でもそれなりになんとかなるのは、手ぶれ補正とオートフォーカスという二つの技術の賜物ですね。

にしても思った以上に難しくて大変でした。GF1もレンズもかなり軽いほうなんですが、終わった頃には腕がだるだるでした。根気と集中力も要るし、プロの動物写真家の凄さを思い知りました。その他の鯨写真も含めたセットはこちら“whale watching”タグで絞り込めます。

U.S. Army Museum

ハワイに行った際に軍関係の見学施設と記念館がある真珠湾に行きたかったんですが、ちょっと距離が遠かったので都合が付けらませんでした。代わりにホテルの直ぐ側に陸軍の博物館があるのをチェックしていたので、そちらを見てきました。

この博物館はフォートデルッシーという米軍保養地内の公園の中にあって、元々太平洋戦争前から使われていたランドルフ砲台という施設をそのまま流用しています。料金は無料ですが、寄付を受け付けているので入れてきました。施設に入ると受付にもなってるゲストブックの記帳所があります。別に書かなくても良かったみたいなんですがなんとなく書きに行ったら、おそらく退役した方と思われる初老の男性が居たので挨拶。どこから来たの?って訊かれたので日本だよって言ったらコンニチワって言って日本語で書かれた案内書をくれましたw

ちょっと軽い気持ちでさらっと見れるだろうと思ってたんですが、中の展示はかなり本格的で、実物や模型の平置きと写真と英語の解説資料が大量にかかっていました。しかもカメハメハのハワイ統一戦争時の戦術と装備における原始的な戦闘の解説から始まり、アメリカへの併合以降の軍事拠点としての開発と太平洋戦争における近代戦の兵器運用、ベトナム戦争時の現代戦にまで、米軍とハワイ視点からの戦争と技術の歴史が大局的に解説されています。当然真珠湾攻撃についても。もう訳しながら読んでるとキリがないので、表題と写真、あとは展示物を見て回るだけに留めました。


内部は特に撮影が禁止されていなかったので、カメラ持ってる人はバシャバシャ撮ってました。遠慮する必要がないのが判ったので、オレも撮ってきました。



ランドルフ砲台自体の解説もあります。14インチの巨大な大砲で、塹壕に隠された状態から使用時だけ人の身丈ほどもある砲弾を重石にして砲身を跳ね上げ、ダイアモンドヘッド内の司令室から測量指示して砲撃していたみたいです。調べたときは砲身自体も見学できると思ったんですが、どうも屋上の展示が無くなったみたいですね…通路が展示で塞がれてました。





他に比べたら現代戦の展示はそれほど多くはないんですが、丁度CoDをやってるのでベトナム戦争絡みの展示はかなり熱かったです。初期のセミオートライフルやハンドガン等、第二次世界大戦の装備品の展示は結構充実してました。


表には砲兵向けの野砲と太平洋戦争の日米の軽量戦車が展示してあって、通りを走る路線バスやトロリーからも観えるので、すぐに分かります。

ワイキキから近いのに、みんな興味ないのか日本人はあんまり居ませんでした。人自体少ないし中は静かでゆっくり観られます。ミュージアムショップには軍ネタグッズもあって、ちょっと変わったお土産を買うにも最適。ミリタリー好きならハワイ旅行の際には行くべきスポットです。

Link Hawaii Army Museum

5 days in Hawaii




というわけで、先週はハワイに旅行に行ってました。25日の夜に発って四泊五日の旅程。今は羽田国際空港から東京PM11:00-ホノルルAM:10:00(-19時間)で移動できるので、週末+前後2,3日休めば、なんと仕事が終わってから直接ハワイに行けるという事実…!!海外旅行自体は約一年前のグアムに続いて二度目でしたが、同じリゾートアイランドでもこちらはよりスケール感がありますね。一口でハワイと言っても島が幾つもあって広いので、初訪問の今回の旅はオアフ島ホノルル市ワイキキがほぼ全てでした。

宿泊はシェラトンワイキキに。ワイキキと言えばビーチですが、海は苦手なので見るだけ。ホテル併設のプールなんかも入りましたが、ピークは過ぎてもさすがハワイ。ちょっと窮屈だったのと、濡れて日陰に入ると若干肌寒かったので、二日目しか入りませんでした。あとはブールサイドでiPodで音楽を訊きながら本(サイモンシンの暗号解読を持って行ってました)を読んで過ごしてました。

当初はそんな感じでのんびりするつもりでいましたが、ワイキキはリゾート特有のバブリーな猥雑さと洗練された都会的な雰囲気を持ち合わせていて、爽やかな陽気と街のポジティブさにあてられて、後半は浮き足立った足取りで毎日あちこち動き回ってしまいました。大小のショッピングセンターが立ち並ぶ中心部は、太平洋のど真ん中とは思えない物の豊かさで(物価は高いけど)、アメリカの商文化の一端に触れられて刺激的でした。日本の観光地とはお金の流れ方がまったく違いますね…。

到着時は特に欲しい物もないしなーと思ってましたが、そんな商業地域を歩くうちに雰囲気に飲まれて、買い物天国も満喫してしまいました。GUESS、Banana Republic、A|X、Abacrombie & Fitch、Marc Jacobsなんかを見ましたが、物価が高いとはいえ、服やブランドものは日本で買うよりは2,3割安い感じがしましたね。揃えもいいし服好きとしてはたまらん…

気になる木
普通に観光もしましたよ。オプショナルツアーは、いかにもビギナー向けなオアフ島ツアーと、ランチ付きのホエールウオッチングクルーズに行ってきました。オアフ島ツアーはざっとオアフの東側を廻ったんですが、なんといってもこの気になる木!特にホエールウオッチングとホテルのそばにあった米陸軍博物館が面白かったんですが、これは後日別にポストしますね。

ご承知の通り日本と関係の強い観光地ですが、ピークも過ぎていたので日本人だらけっていう感じでもなく、米軍保養地としても重用されているので本土の方も多かったです。どこに行っても店員の押しが強いので、英語で何とかする場面も多かったし、こちらからも積極的に話をするようにしてました。海外体験的にはグアムの時よりいい刺激になりました。

旅行に備えてレンズも追加した愛機GF1で、例によって写真も撮りまくってきました。Flickrのフォトセットはこちらです。

Home > Tags > ハワイ

Search
Feeds
Meta

Return to page top