Home > Tags > レビュー

レビュー

”音楽の科学 音楽の何に魅せられるのか?”読了

”音楽の科学 音楽の何に魅せられるのか?”(原題 THE MUSIC INSTINCT) / フィリップ・ボール

思った以上の大書で読み切るのに4ヶ月もかかってしまいました。

科学というと冷たく解析されてしまうようなイメージがありますが、まったくそんなことはありません。音楽の構造と認知について古代から現代までの発展と、実際の楽曲やそれに伴う文化や既出の学説を紹介し、現代科学でわかってることとわからないことを、非常に公平かつ大変な慎重さで検討している良書です。やはり研究の質と量的に西洋音楽の例が多いですが、音楽の普遍性を追求するために、古代の音楽からごくマイナーな民族音楽や現代音楽まで極力偏りなく取り上げ、音楽理論はもちろんのこと物理学、脳科学、認知心理学の領域まで踏み込んで多角的に丁寧に論じられています。

前半は概ね基本三要素(リズム、メロディ、ハーモニー)の解析。多少は算数、理科と楽典の素養がないと難解かもしれませんが、理論がはっきりしてる箇所が多い分野だし具体的な図示や楽曲(一部はネットで実際に聴けます)が多いのでまだ読みやすい箇所です。特にモードやスケール、コードについて音楽ではなく科学的な見地で理解できるので、非楽器経験者の制作者には理論書としてもいいかもしれません。

後半は人類がどうやって音楽を認知・認識しているのか、どう区別して判断しているのかなどを既出の学説などから考察しています。ここは非常に難しい領域で、具体的な研究内容、実験の解説と問題点を並べて、現在わかってる範囲を絞り込んでいくんですが、やはり音楽自体が人間の脳の中にだけある概念なので、文章で解き明かすには苦しいところではあります。

意外と見落としている音楽の本質と謎について理解が深まって、3800円出して600pを読む価値はありました。とはいえ全然飲み込みきれてないので再読しよう…

遅れてきた新兵器

20130412-171111.jpg
stanton scs1.m
実に4年前の新製品です。

ちょっと思い立って通勤中にiPhoneでインターナル運用向け機材を物色してたら偶然見かけて、しかも壮絶な値崩れを起こしていたという。当時実売5万円くらいのものが1万8千円でしたwスペックシートだけ確認して、今でも全然通用しそうだったので、ネタ半分に勢いポチってみました。もともとインターナル用にアレヒのK2を買う予定だったんですが、要はフェーダー4とEQポッドが十分にあって、そこそこの音質でI/Fが内蔵されてればベストという基準。

これが出た当時はインターナル運用を全く考えてなかったことと、firewire接続が手持ちのPCで使えなかったから、物は見たことあるはずなんですが忘れ去ってったんですよね。今はMBPでfirewire使えるし、おかげでUSBが二つとも空くのでツインX1をハブなしで突っ込めるというメリットが。

で、届いてみると思った以上にデカかった…DJM800より一回り大きいって!厚さと重さはそうでもないんですけどね。その代わり作りはしっかりしてるし、パーツ間のスペースに余裕があるので操作も楽です。過酷な現場でも耐えられるクオリティも売りだったみたいです。音質も結構いいんですが、サンプリングレートを高くするとプチノイズが…Audio8djだと大丈夫なんでI/Fの能力ですね。

あとものが古いんでTraktor2.2くらいでプリセットの更新が止まってます(泣)間にDarouterという専用のMIDI翻訳ソフトを噛ませないと使えないのも良くない。プリセットのカスタムも全くできず若干困っています。Traktor側からの割り当てはできるので、LEDセグメントの表示だけ無視すればガンガンカスタムできますが。

古いのと値段の割にはかなり使える機材だと思います。しばらく試して手に馴染んだら現場もこれで行きます(ただし設置できれば…)

できたらつまみを交換したいなぁ。

5 tracks in 2011

年の瀬も押し迫ってきてダラダラ今年を振り返ろうかと思ってたんですが、そんな余裕もなくざっくり5曲紹介します。

Aperture Science Psychoacoustics Laboratory – The Friendly Faith Plate [Valve]

今年発売のゲーム、Portal2のサントラです。ゲームの説明は省きますが、前作のサントラに物凄い影響を受けまくりまして、その延長線です。2のサントラは大ボリュームで全てフリーで配布されてます(1はみんなゲームデータ内から引っこ抜いてますw

Surgeon – Transparent Radiation [Dynamic Tension]

アルバムBreaking the Framesは従来のSurgeonの音を継承しつつそれを破壊したタイトル通りの作品でしたが、ハーフステップのがっちりしたリズムにオリエンタルな情緒が滲むこの曲は特にツボでした。

Adam X, Ancient Methods – Mitral Regurgitation (Ancient Methods Mix) [Sonic Groove]

これはとにかく狂ってますwAncient Methodsはかつてのジャーマンインダストリアルバンドのような重くカチッとした8ビートが特徴ですが、この曲の脅迫的とまで言える荘厳さは、この人の他の曲ともやや異質な気がします。

The Black Dog – Dissident Bleep [Dust Science]

今年地味に良曲を量産しまくってたBlack Dogです。今時のミニマル – インダストリアルな音なんですが、リズムの丁寧な作り込みと、絡みゆくアンビエントノイズがさすがです。このユニットに限らず、今年はなんか古参アーティストが若年層を虐待しに来てるんじゃないかという感じでしたw

Fumiaki Kobayashi – Voice from Vanishing Point Part2 [gatearray recordings]

手前味噌ですが!弊サークルアルバムqualia1の7曲目です。作ってる時はあんまり考えてなかったんですが、今後の制作スタンスとDJのバランサーになる曲になりました。多分これからDJですげー使いますw引き続きとらのあなで通販してるので、試聴で気に入った方は是非買ってください!


次点でStroboscopic Artefactsを中心にリリースしてる新人Xhinのアルバムを挙げておきます。まだちゃんと聴けてないんだけど、数曲ちょっと聴いただけでアルバム買いせざるを得なかったという逸品です。

あと2012年前半の予定を簡単にまとめておきますね。

1/22(Sun)daytime Body Inform vol.2@sabaco 久々に長めのセットができそう(´∀`)ワクワク

1/29 – 2/6 バリ島にバカンスにいってきますw

2/25(Sat)daytime LINEAR vol.45 例によってTwinstick名義です

3/24(Sat)midnight 秋葉原重工#4@MOGRA

4月 TBA 未定ですが遠征の予定

4月 TBA

5月 テクノ三昧#4

いじょーご都合がついたら是非プレイを体感しに来て下さい。M3に関してはちょっと事情があって申し込みを躊躇してるので、qualia2はちょい伸びるかもしれません。いっそ夏コミに合わせるのもいいかなぁ。

Native Instruments Traktor Pro 2


Native Instruments Traktor Pro2

今更ですが、販売開始日に速攻本家Online Shopで買ってインストールから動作確認までをustreamで中継したりしてました。その後レビューをするつもりだったんですが、仕事と生活に追われてて放置。先週ツヴァサ君とセッションする直前にようやくまとまって触ったので、改めてご報告です。

というか、ほとんど書くことがないんですよね。パッと見のデザインが変わったけどレイアウトの大幅な変更はありません。波形表示が周波数の粗密がグラデーションで表示されたり。前メジャーバージョンアップも表示系でCPU負荷が上がった感があったんですが、今回もですか。コレクションの管理とデータベースのフォーマットが変わったらしいので、アナライズが全部やり直しでした。マニュアルには”たくさん曲があると時間がかかるから、寝てる間にでもやってね”って書いてあったw

大きな機能追加はサンプラー機能くらい。あとエフェクトが追加されています。というわけで、正直サンプラー機能に魅力がなければすぐにアップデートするものでもないと思いました。

俺のMBP上では動作はかなり安定してると思います。曲の再生位置が勝手に移動した事が数回あったんですが、再現性がなくて、トラックパッド触ってたのでそっちの誤動作かもしれません。あとスクラッチ機能をまったく使わなくなってしまったので、そちらは確認してません。

Sangoさんが続いてすぐにインストールしていろいろなレポートを上げてるので、そちらが参考になります。オレも自分が使ってる細かいTipsを記事にしたいなぁとは思ってます…

Seral experiments lain Blue-ray BOX | RESTORE

買いました。

正直、この作品について語る言葉は上手く出てこなくて。

オンタイムで見ていて強く衝撃は受けましたが、その時は極端に嵌ったわけでもなく。結果的にその時から安倍さんのファンになって画集を買い、安倍さんをゆるく追っかけている過程ではlainにはあまり執着せず。

しかし今に至る10年の間に時折フッとフラッシュバックすることの多い作品で、その都度再視聴したり、PS版(中古)購入したり、このブルーレイ版購入したり、と放送から実に10年間という長いスパンで蒐集してきました。

最近になって安倍さんのブログでの回想を読んだり、今さらのように小中さんのインタビューを読んでみて、この作品は一貫して、自分の心象風景と表現者の端くれとしての初期衝動に(恐れ多くも)近いんだなということが判りました。やっぱり上手く書けないんですが、観てると落ち着くんですよねwこんな映像なのにwww

10年経って現実の”WIRED”も”リアル”も、lainの世界をある部分凌駕して激変していて、今観ると近未来SFではなく近過去SFになっている感があるのがなんとも不思議ですが、作品の持つ妖しくカオスな風味は色あせていませんでした。

特にBlue-rayはRESTORE版ということで、元素材から徹底的にBlue-ray向けにアップコンバートされています。この作品は丁度民生PC技術の映像がギリギリ放送に耐えられるレベルに近づいた時期で、フィルムアニメ以外にも実写や加工画像などが非常に実験的に編み込まれていましたが、それがさらに現代の編集技術でブラッシュアップされてるわけです。当時そのままというわけではなく、さらに謎の風合いの映像になっていました。

うーん、やっぱり上手く書けないです…誰にでも勧められるアニメではないですね…

Sony KDL-40V2500 と Westinghouse BDS-110

いろいろあるけど順番に。

ウチのテレビ、ソニーのBRAVIAなんですが、32型だったのが40型に成長しました!

予想以上にデカいwww

だが型式は一歩後退。なにかというと実家のおさがりです。実家が東芝の47型を買って、サブに使うにも40型はジャマなのでウチの32型と交換。3年もので倍速とかもないですが、とりあえず文句は出ないフルHD。ちなみに後ろにIKEAのライティングバーを付けてます。後光!

ついでに、ブルーレイのソフトを何本も買ってるのにいちいち実家で見てたので、ようやくプレイヤーを買いました。estinghouse BDS-110という機種。この手の単体機を買うメリットというのは、最低限の機能と品質であること、安価であること、小型であることだと思うですが、ようやくそれに叶った機種が現れてくれました。

ちょっとキタナイ絵ですが、下のXBOXと比べると横幅のスリムさが判ると思います。他の再生専用機は軒並み普通のAVデッキサイズです。出力も当然HDMIで出せて、メディアリーダー的な機能もあります。

Blue-ray再生機としては現状PS3がベストな機種なのは判ってて、すごく迷ったんですがこれ以上ゲーム機増やしたくなかったんですよね…置き場所的にもカバー能力的にも。あとはとりあえずBlue-rayが観られればいい、録画機能が要らないということで。すごい感動とかはないですが普通に満足してます。読み込みと操作反応は実家のPanasonicのレコーダーより早かったのは意外でした。

ヒーローたちのGUN図鑑

ふと見かけて、一度はスルーしたんだけど翌日買ってましたw

いわゆるミリタリー関係はゲームやアニメや小説なんかで触れることはよくあるし、気にはなるんですが、それだけで一大ジャンルなのでカバーしきれないんですよね…で、ウィキペディアを見てお茶を濁したり。最近も先日紹介した小説でSIGとかPSG-1とか、登場人物の武装で扱われてるんですが、その時もサッとビジュアルと特徴が簡単でも判るといいなー、と丁度思ってました。

本書はあらゆる全ての、とまではいかないけど、メディアで扱われたことのある主要な銃を中心に102の銃器が紹介されています。ハンドガン(ピストル)、ライフル、マシンガン、ショットガン+その他の分類で、一丁につき見開き1ページ、実際のカラー写真と解説、登場作品という構成。

実際にざーっと読んだら、子供の頃はもっと積極的に興味があったんだなーといろいろ思い出しました。M16とかウージーの水鉄砲は持ってたし(当時ターミネーター等の映画の影響で相当流行ってた)、ベレッタM93R(コロコロのリトルコップの影響)のエアガンも持ってました。そういえばメタルギアでも結構詳細な解説がゲーム中で聞けましたね。AK-47なんかは超有名だけど、その超有名ということまで含めてメタルギアで初めて知りましたがwあとゲームでプチ狙撃ブームを生み出したPSG-1とか。

という感じで、それぞれの細かい特徴までは判らないけど、解説が丁寧で愛に溢れてるので、初心者が急にFPSやっても携行する銃器の選択には困らないくらいの情報は得られます。巻末には弾薬の種類と特徴や、被弾した際の人体の壊れ方wの解説まで載っていて、なによりほぼカラーページでこの情報量でたったの600円!お安い!FPS初心者や押井守作品が好きだけど銃器弱者な方は是非。銃器好きでグロッグはオレの嫁らしいizさん情報だとコンビニでも売ってるらしいですwww

Home > Tags > レビュー

Search
Feeds
Meta

Return to page top