Home > Tags > 秋葉原重工

秋葉原重工

秋葉原重工#8でした

20130707-234203.jpg

ちょっと忙しくてこっちでは告知も儘なりませんでしたが、7/6は恒例の秋葉原重工でした。

ゲストのラインナップを始め、立地やお客さんの楽しみ方など、本当に他に替え難い特別なパーティーに成長したなーと実感しております。特にゲストの面々が本当に気合をいれてこちらの趣旨やオーダーを汲んで臨んで頂けているのがわかる渾身のプレイで、最後が自分なのを忘れて楽しんでおりました。ただトリ前のなはと君のテクノに特化した貴重なプレイは圧巻で、予想はしてたんですが若干のプレッシャーを感じて、ブースで様子を凝視してましたw

で、そんな自分のプレイリスト
Num. Artist / Title / Label
1 Jeff Mills / Humana / Axis
2 Jeff Mills / The Extremist – Retro Mix / Tresor
3 Echoplex / Blindfold The Skies / Soleil
4 Regis / Speak To Me (Original Mix) / Dwonwards
5 Technasia / Future Mix – Original Mix / Technaisa
6 Logique / Vuture Shoove – Laidback Luke remix / Subspace
7 DJ Shufflemaster / Slip Inside You – Original Mix / Tresor
8 Joris Voorn / Incident – Original Mix / SINO
9 Echoplex / Body Track – Original Mix / Synewave
10 Xhin / Vent (Pfirter Remix) / Stroboscopic Arrefact
11 Surgeon / Midnight Club Tracks II part 1 – Original Mix / Counterbalance
12 Len Faki / BX 3 – Original Mix / Ostgut Ton
13 Chester Beatty / S.S.T. (Super Sonic Transportation) part1 / Phont Music
14 Subeena / Picture – Original Mix / Opit Records
15 Paul Woolford / Let It Go – Original Mix / Intimacy
16 Ital Tek / Spectrum Falls – Original Mix / Atom River
17 Starkey, Anneka / Stars – Slugabed Did A Remix / Planet Mu

最近のしっかりしたカッコイイテクノはゲスト陣がたっぷりやってくれるだろうと思って、ちょっと古めのハードミニマルで固めつつ、他のレジデンツがよくかける曲で使われてないこぼれ球を拾う感じでやりました。Echoplexの古いのとか好きでしょうがないんですが、最近のセットだと組み込めなくてフラストレーション溜まってきてたのでスッキリした(笑。古くてマスタリングがアレな曲が多かったんで鳴りが心配で、多少オーバーゲインにしましたがご愛嬌ということで。どう落とすかは何通りかあったんですが、さすがにハードな音はお腹いっぱいになってきたようなので、叙情エレクトロニカっぽい方向にスイッチしてやさしく締めました。

次回は未定ですが秋にはやると思いますのでよろしくお願いします。

2/23 秋葉原重工#7@MOGRA

20130110-210612.jpg

秋葉原重工 – Akihabara Heavy Industry Inc. #7

2013/02/23 (Sat.) 14:00 – 20:00

■entrance
Door 2,500 JPY / 1d
w/f 2,000 JPY / 1d

■Guest DJs:
SEKITOVA
TAKAMI ( REBOOT / MOON AGE / BUZZ×3 / “7″ )
Sango ( Hardonize / IGNITION )
megsis ( VOCALOID-ManiaX )

■Guest VJ:
neknee

■ Resident DJs:
wat ( THRUST / ExTEND )
Fumiaki Kobayashi ( gatearray recordings )
Atsushi Ohara ( LINEAR / Assaultworks )
Takayuki Kamiya ( プロジェクト魔Q / Linkage )

■ Resident VJs:
12d ( FIVE DOT ONE )
Akira Fukuoka ( Raw-Fi )
beef_m
KAZUMiX & PePcoMiX ( 1st-impact )

———————
設立から三年目に突入しました秋葉原重工2013年最初の操業です。
今回はデイイベントということで、くれぐれも出勤時間をお間違いなきよう、よろしくお願いします。
デイイベントということは今まで入場不可だった未成年も参加できるので、MOGRAでクラブミュージックが聴いてみたいけど…という若者こそこの機会に是非!

エントランスにてコンピレーションCD、タオル二種の販売もやります!

秋葉原重工 M3 2012秋参加のご案内

10/28(Sun) M3 2012秋@TRC(東京流通センター) http://www.m3net.jp/
第一展示場 I-06b “秋葉原重工”

秋葉原MOGRA発の硬派テクノパーティー”秋葉原重工”がM3に進出!
第一弾公式グッズとして、コンピレーションCDとタオル二種類を販売します。

【秋葉原重工コンピレーション01】 1,000円

Track List
1. The Furnace Sounds In The Darkness / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
2. adapt / wat [THRUST]
3. Explore Depth Machine / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
4. Exp / Takayuki Kamiya [Project Maq / Linkage], Satella [extracode / Unitone / Linkage]
5. lower down / Causalitizm [Material Cause Records]
6. Reactance Probe Session #01 / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
7. Process Operation(Step1) / Atsushi Ohara [LINEAR / Assaultworks]
8. outgrowth(2012) / Causalitizm [Material Cause Records]

Artwork: 12d

これがデビュー作となる弊社CEO Takayuki Kamiyaを筆頭に、実力派トラックメーカーの秋葉原重工役員陣による渾身の8トラック。
イベント名から連想されるハードなテクノだけでなく、深めのミニマルからアッパーなドラムンベースまで、これまでの操業に裏打ちされた幅広い重工直系サウンドをお届けします。

【秋葉原重工公式タオルA、B】 各1,000円
Design: beef_m
Logo Typography: 12d

秋葉原重工より、日頃多くの好評をお寄せいただいているイベント名とロゴをモチーフにした公式グッズが登場します!
第一弾として弊社VJ、beef_mデザインによるタオル二種類です。
Aは評判の企業ロゴを全面にプリントしたシンプルなもの、Bは工場の写真を元にしたモダンなアート系デザインです。

秋葉原重工タオルA

秋葉原重工タオルB

これらの商品はM3以降役員参加のイベントや秋葉原重工開催時に順次販売いたします。数に限りがありますので、確実に手に入れたい方はM3でのご購入をお勧めします!

——
というわけで今回のM3は自分のプロジェクトはお休みして、こちらの制作に専念してました。いちいちクレジットしませんでしたがすべての制作進行と、コンピCDはディレクション、CDマスタリングまでやりましたので、一人で自分のCD作るより歯ごたえがありましたw

コンピレーションには3曲提供しました。一曲目のは最後に少し入稿まで余裕があったので、急ぎで作った曲。深夜の工場地帯っぽいドローンを作りたかっので。あとの二曲はMachine Drumだけで作った、結構スタンダードなインダストリアルテクノです。Machine Drumは例によって全部Cubaseにパラ録りしてからミックス、マスタリングしてあります。

タオル類は最初のグッズなので比較的シンプル目になりました。あんまり凝ったこと出来るほど予算もないので…今後売れ行きが良ければ別デザインやTシャツ等の新しいグッズも考えていきます。

あとグッズの収益はそのままイベントとしての秋葉原重工の資本力になるので、お買い上げ頂いた分だけイベントで面白いことが出来るようになります。秋葉原重工を好意的に思って頂いている方は、支援の意味も込めて是非一通り買って頂けると助かります。

またM3当日はgatearray recordingsから秋葉原重工に委託する形でqualia1、qualia2を持ち込みますので、合わせて宜しくお願いします(完全にマッチポンプw)。

10/07 秋葉原重工#6 @MOGRA

10/07 秋葉原重工#6 @MOGRA
23:00-

■entrance
Door 2,500 JPY / 1d
w/f 2,000 JPY / 1d

■Guest DJs:
DJ U ( upsets / aset )
ミツビシQタロー ( ツンデレーション / プロジェクト魔Q )
R-9 ( EPX studio / Body Inform )

■Live
causalitizm ( Material Cause Records )

■ Resident DJs:
wat ( THRUST / ExTEND )
Fumiaki Kobayashi ( gatearray recordings )
Atsushi Ohara ( LINEAR / Assaultworks )
Takayuki Kamiya ( プロジェクト魔Q / Linkage )

■ Resident VJs:
12d ( FIVE DOT ONE )
Akira Fukuoka ( Raw-Fi )
beef_m
KAZUMiX & PePcoMiX ( 1st-impact )

http://club-mogra.jp/2012/10/07/1434/

いろいろあってバタバタしてしまいましたが、今度の祝日前の日曜夜に操業です!
ゲストに関してはリンク先のMOGRAのサイトにプロフィールが掲載されてるので、ぜひ御覧ください。

何気にPresenceクルーの3名が共演で揃うのはPresence以来ですよw

フライヤーは間に合わないので、画像提示などでの割引を用意する予定ですので、追加の情報をしばらくお待ちください!
というわけで、みなさまのご出勤をお待ちしております!

M3 2012秋の参加について

10/28 M3 2012秋 @東京流通センター
第一展示場 I 06b 秋葉原重工

今回はgatearray recordingsでの参加はお休みして、秋葉原重工としてサークル参加します。
CDと何かしらのグッズを準備中ですので、お楽しみに!

で、前後しますが秋葉原重工#6は10/7(日曜/祝前日)23:00開催です。こちらについては追って告知いたします。

秋葉原重工#5

6/9(sat) 秋葉原重工#5 @ MOGRA (akihabara)

■ entrance fee
* Door :
>>> 2,500 円 / 1drink

* with flyer (フライヤー、またはフライヤー画像を提示)
* tweetvite status [ Yes ] (ここで Yes を押して当日「押したのは私です…」と申告)
>>> 2,000 円 / 1drink

※討ち入りからの参加については検討中です。

///////////////////////////

▼ Guest DJs:
* UIROH
* QUREA ( moph records )
* D.J.Kuroki Kouichi

▼ Guest VJ:
* Toshiki Fukazawa ( RawLight / HighLIKE )

▼ Resident DJs:
* wat ( THRUST / ExTEND )
* Fumiaki Kobayashi ( gatearray recordings )
* haquama ( Mind Circus Records )
* Atsushi Ohara ( LINEAR / Assaultworks )
* Takayuki Kamiya ( Synesthesia / プロジェクト魔Q / Linkage / REARHYTHM )

▼ Resident VJs:
* 12d
* Akira Fukuoka ( Raw-Fi )
* beef_m
* KAZUMiX & PePcoMiX ( 1st-impact )

MOGRA Infomation

///////////////////////////

各位

・秋葉原重工2012年第2期竣工が近づいて参りましたのでお知らせします。
・今回はハードテクノの枠を少しばかり乗り越えるような、素敵なゲスト陣をお招きして、みなさんをお迎えいたします。

///////////////////////////

・今回のゲスト。1人目は、UIROHさんです。前回のゲストTAKAMI さんと同じく、ハードに遊び続けるパーティアニマルたちの脳裏に脈々とそのプレイを刻み続けてきた、メロウな部分と硬めな部分をフィジカルに並列化した踊らせる選曲と正確すぎるくらいのミックスは、いわゆるマニアックラヴァーズでなくとも必聴です。もちろんMOGRA初登場。私事で恐縮ですが筆者も久々に聴くことができてかなり嬉しいです。

・2人目は、4月にコンピレーションアルバム(※)がリリースされたばかりの(筆者も愛聴してます)、moph records から QUREA さんです。分解系 records のパーティ、”Out of Dots” でもプレイされているということで、その解像度の高いDJプレイは折り紙つきです。そして今回全アクトの紅一点です。
※ trunk : selected from digital EPs 2008 ? 2011 / V.A. ≪ moph records http://www.mophrec.net/wordpress/?p=2419

・そして3人目。D.J.Kuroki Kouichi 。現在進行形で最速最狂のダンスミュージック、JUKE と弊社がついに邂逅を果たします。DOMMUNEでの “JUKE解体新書” でその歴史と現在を紐解いた三傑のひとりとしてkuroさんをご存知の方も多いことでしょう。MOGRAのフロア扉自壊級のベース、予測不能に放たれるスネア、そして32分打ちとも言われる亜高速ハットで、みなさんの聴覚のフレームレートを一気に引き上げます。

・今回もゲストVJをお招きします。Re:animationでのVJや、麻枝准xやなぎなぎのMVを手がけた、深澤俊樹さんです。ルーメン値が最高強まったMOGRAのプロジェクタから放たれる、フルスクラッチビルドの映像たちがフロアで炸裂します。

///////////////////////////

・ゲスト陣を迎え撃つ役員DJ陣も気合十分です。
・自身のプロダクトシリーズ “qualia” の2作目を早くもリリースし、プロダクションとDJの境界線を融解させ続けるFumiaki kobayashi。
・先日の「梅酒PARTY」と「スマイル★パーティ」を成功させ、数々のテリトリーを駆けまわることでクラスタフリーを体現する男Atsushi Ohara。
・前回、Causalitizm名義でのプレイでは Nine Inch Nails で締めくくり、自身のルーツを顕わにしつつ最後までフロアをゆらし続け、このパーティの多様性を押し広げた Takuya Kadoi。haquama名義での登場です。
・連休中に back2bellforest/Re:animation/aset と怒涛のDJブッキングを運良く成し遂げたwat。
・そして役員全員から未だに広島在住か半信半疑の視線を向けられつつも、日本各地を暗躍する我らがCEO、Takayuki Kamiya。

///////////////////////////

・弊社のヴィジュアルイメージを支える役員VJ陣は今回もフルメンバーです。
・当パーティフライヤーデザインを手がけその中核ともいえ、そして同じ日の昼に同じMOGRA開催されるパーティとのダブルヘッダーが予定されているらしい12d。開催中TLで、そのディープディガーっぷりを惜しみなく発揮した映像を楽しみにしてるファンが多いakira fukuoka。役員いちのアクティヴとして、チャリでパーティと映像(そしてお酒)の間をひた走るbeef_m。多面同期と(討ち入りでいきなりのオーダーも辞さない)日本酒の鬼、KAZUMiX&PePcoMiX。彼らの手により今回も空間没入を加速させます。

///////////////////////////

・ということで、来なくても損はしませんが、来たらすごい体験になることでしょう。皆様お誘い合わせの上、ご来会くださいますようお願い申し上げます。役員一同、心よりお待ちしております。

(※ご来場の際は、成人を証明する写真付きIDをかならずお持ちください)

—–
なんともう五回目!今回も豪華な布陣です!
詳しい情報はリンク先をご覧くさだい。

お陰様でお客様からの支持も厚く、すっかり自分のホームイベントとしても定着しまして、最近は自分のサークル名よりこちらの名前を出したほうが通りが良くなりましたw
マンネリ化しないようにそろそろ次のステップを模索したいなぁ、なんてことも考えてます。

秋葉原重工#4でした

_1040269

Track List: AHI#4

Num. Title / Artist [Label]
1 AM-5 A1 / Ancient Methods [Ancient Methods]
2 Ratu – Perc Remix / Tommy Four Seven [CLR]
3 My Head Is Slowly Exploding – Ancient Methods Remix / Perc [Perc Trax]
4 broken chair one / Tomohiko Sagae [HueHelix]
5 Descending (Original Mix) / Function [Sandwell District]
6 HDRTM – Original Mix / Shed [Ostgut Ton]
7 Vent (Pfirter Remix) / Xhin [Strbooscopic Artifacts]
8 Concerted Action – Original Mix /Kazuya Kawakami [HueHelix]
9 P X02 – Perc Remix / Gedevaan [Lead Square]
10 Artifact – Fumiaki Kobayashi Remix / Ryo Ohnuki [gatarray recordings]
11 Alarms – Original Mix / Jeff Mills [Axis Records]
12 Coded By The Girl In Red – Sawf Remix / BCR Boys [Perc Trax]
13 Bump – Switch Remix / Spank Rock [Ninja Tune]
14 Assembly Line – Original Mix / Tomohiko Sagae [Rodz-Konez]
15 I9 / Jeff Mills [Axis]
16 Lost (versionII) / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
17 Blood Witness – Original Mix /Regis [Blackest Ever Brack]
18 Remind the From (qualia mix) / Fumiaki Kobayashi [gatearray recordings]
19 Mechanical Physics – Original Mix / Reeko [Planet Rhythm]
20 Transcendency – Original Mix / Go Hiyama [Audio Assault]

終わりました。ありがとうございました。

転換時にDJM900の電源が飛んで、既にドライバ接続してたのでその影響だったのか、中盤でTraktorが一時アクセスフリーズ(音は平然と出てた)して不調になってだいぶ冷や汗をかきましたが、なんとか乗り切りました。気づいた人は気づいたと思いますが、若干操作ミスもあってX1一台4デッキアサインはほんと注意しないとおっかないです。やっぱもう一台かな…

インダストリアル4デッキはミルフィーユ状に曲を重ねていったアンコントローラブルなカオス感をいかに制御するかが(見る方はともかく)やってるのが楽しいんですが、もうちょっと思考のスムーズさが欲しいなと思うのは日頃の練習不足が祟ってますね。ともあれ大体かけたい曲は上手く投下できたんでよかったと思います。自分の曲を多めに入れるのと、今後の布石に寒河江、川上曲も入れるのを(まぁいつも使ってるけどw)課題にしてました。

CEOの計らいでVJにtats君を付けてもらったので、無理をを言って懐かしのbump Switch Remixをやったりw彼の組んだ洗練されたタイポグラフィがそのまま曲とリンクするというこのVJは、この曲のリリース当時は相当上がって思い入れがあります。BumpはBody Informでも使いましたが、最近インダストリアルで扱うBPMが下がったので、昔のフィジェットハウス(というかSwitch〜Solid Groove)との親和性が異常に高くなって再評価してます。

手法上、フロアの様子を見る余裕が全く無くて、感想など頂けると大変励みになりますので、twitterでもいいので是非お願いします。

イベント全体はもう音も雰囲気も最高に楽しいパーティー感丸出しで、正直このイベントをはじめるときはMOGRAでテクノでここまでやれるとは思ってませんでした。これについてはお客サマサマですね。これ以上無いなと思うほどでしたが、他のクルーと一緒に、まだまだ楽しさを追求したいと思います。

写真は今ちょっと整理してる時間が無いので、取り急ぎこの記事用に自分の写ってる撮って出しだけ上げました。いつもは自分が写ってる写真は無いんですが、12d君に預けたら撮ってくれました、っていうか前からそうすればよかったw

次回は詳細未定ですが6/9ですので、是非遊びに来て下さい!

Home > Tags > 秋葉原重工

Search
Feeds
Meta

Return to page top