Home > Tags > Blue-ray

Blue-ray

Seral experiments lain Blue-ray BOX | RESTORE

買いました。

正直、この作品について語る言葉は上手く出てこなくて。

オンタイムで見ていて強く衝撃は受けましたが、その時は極端に嵌ったわけでもなく。結果的にその時から安倍さんのファンになって画集を買い、安倍さんをゆるく追っかけている過程ではlainにはあまり執着せず。

しかし今に至る10年の間に時折フッとフラッシュバックすることの多い作品で、その都度再視聴したり、PS版(中古)購入したり、このブルーレイ版購入したり、と放送から実に10年間という長いスパンで蒐集してきました。

最近になって安倍さんのブログでの回想を読んだり、今さらのように小中さんのインタビューを読んでみて、この作品は一貫して、自分の心象風景と表現者の端くれとしての初期衝動に(恐れ多くも)近いんだなということが判りました。やっぱり上手く書けないんですが、観てると落ち着くんですよねwこんな映像なのにwww

10年経って現実の”WIRED”も”リアル”も、lainの世界をある部分凌駕して激変していて、今観ると近未来SFではなく近過去SFになっている感があるのがなんとも不思議ですが、作品の持つ妖しくカオスな風味は色あせていませんでした。

特にBlue-rayはRESTORE版ということで、元素材から徹底的にBlue-ray向けにアップコンバートされています。この作品は丁度民生PC技術の映像がギリギリ放送に耐えられるレベルに近づいた時期で、フィルムアニメ以外にも実写や加工画像などが非常に実験的に編み込まれていましたが、それがさらに現代の編集技術でブラッシュアップされてるわけです。当時そのままというわけではなく、さらに謎の風合いの映像になっていました。

うーん、やっぱり上手く書けないです…誰にでも勧められるアニメではないですね…

Sony KDL-40V2500 と Westinghouse BDS-110

いろいろあるけど順番に。

ウチのテレビ、ソニーのBRAVIAなんですが、32型だったのが40型に成長しました!

予想以上にデカいwww

だが型式は一歩後退。なにかというと実家のおさがりです。実家が東芝の47型を買って、サブに使うにも40型はジャマなのでウチの32型と交換。3年もので倍速とかもないですが、とりあえず文句は出ないフルHD。ちなみに後ろにIKEAのライティングバーを付けてます。後光!

ついでに、ブルーレイのソフトを何本も買ってるのにいちいち実家で見てたので、ようやくプレイヤーを買いました。estinghouse BDS-110という機種。この手の単体機を買うメリットというのは、最低限の機能と品質であること、安価であること、小型であることだと思うですが、ようやくそれに叶った機種が現れてくれました。

ちょっとキタナイ絵ですが、下のXBOXと比べると横幅のスリムさが判ると思います。他の再生専用機は軒並み普通のAVデッキサイズです。出力も当然HDMIで出せて、メディアリーダー的な機能もあります。

Blue-ray再生機としては現状PS3がベストな機種なのは判ってて、すごく迷ったんですがこれ以上ゲーム機増やしたくなかったんですよね…置き場所的にもカバー能力的にも。あとはとりあえずBlue-rayが観られればいい、録画機能が要らないということで。すごい感動とかはないですが普通に満足してます。読み込みと操作反応は実家のPanasonicのレコーダーより早かったのは意外でした。

Home > Tags > Blue-ray

Search
Feeds
Meta

Return to page top