Home > Tags > CLUB

CLUB

Logical Conflictありがとうございましたー

イベントの雰囲気がわからなかったのでとりあえず空気を読まずに好き勝手にやりましたが、好評だったみたいで良かったです^^プレイ中もその後もいろんな人に声かけてもらえて、聞いたことを統合すると、伝えたいことがキチンと伝わっているようでなにより。

ソフトは前日にアップデートした最新のTraktor Scratch Pro 1.1.1でプレイしました。数回謎の読み込み拒否があったんですが、それ以外の動作自体は終始安定してて助かりました。でも帰って開いてみたら履歴が飛んでた…orz 比較的低速で重めのインダストリアル中心に、最近のトレンドのダブステップを今回初めて織り交ぜてました。早い話がSurgeonの劣化コピーなんですが、差し込むタイミングとか流れをスイッチするのが難しいです。でも流れにうねりが出て楽しい!これはクセになりますね。あと名刺的に自分の曲もいくつか使いましたが、イマイチ流れに乗せきれなかったです。

イベントはテクノサイドは比較的まったりムードでしたが、トランスの方は熱かったですねー。両方楽しめるのはいいけど、パラレルでやるとどうしてもトランスに食われてしまうのがテクノ側にいた人としては惜しいカンジです。テクノ、トランスを両方同時に聴けるイベントって意外とないので、今後もがんばって欲しいです。

ステラは音的にも雰囲気的にもトランス向きな感はありました。昔bitcoreというイベントに関わってたとき、オーガナイザーのオザキが視察に行った話で、悪くないんだけどウチら向きでは…みたいに言ってたのがやけに印象に残ってたステラですが、なるほど把握しましたw 設備的には十分だし、食べ物メニューが多いのがステキでした。ステラは4月にLOOPCUBEのSeiyaさん立ち上げのイベントで再び廻す予定です。今度は広い方になりそうなので今から楽しみです。

ところで、オレの前のセキララ君がCannonballをかけて、「これフミアキさんの曲ですよね!?大好きなんです!」とか言うから激しく噴いたwww
帰り際にR-9君に配信ないんですか?と言われたのでbeatport player張っておきます…

Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

…実はiTS他のダウンロード配信サイトでも買えます(^^;;;
音的にもう自分のトレンドとはかけ離れてるし、今聴くとホント恥ずかしいんですけどね(汗

WIRE08

今年も行ってきましたWIRE08。入場してメインとセカンドの状況をチェックした後、まず先にモンハンブースに行ってきました(笑)。ステッカーと瀧のオトモアイルーを配信してたので、せっかくなので貰っておきました。ステッカーはWIRE x MHコラボのPSPに貼れるもの、猫は瀧が育ててPierre.Tと育てた人の名前が入ってるだけですw 居たら丁度瀧がやって来て、モンハンのプロデューサーとのトークイベントやってました。フリー集会所もあったので1クエくらいやりたかったけど、PSPが踊るのに恐ろしくジャマだった(ポケットに入れてたので汗でベタベタになる)ので、友達の荷物と一緒にクロークに放り込んでしまいました…。その後フードエリアに行ってからは、飲んで食べて会って踊ってを繰り返して、大満足でした。

以下観たアクトの覚書

電気グルーヴ / Main / Live
曲調としては電気グルーヴらしいベーシックなエレディスコサウンドでした。音が繊細にケアされてて、すごく良かった。アリーナの曖昧な音響でも腰に来る音だった。ただ、ライブパフォーマンスが全然無くて電気のライブとしてはどうなんだ、という。

KEN ISHII / Main / DJ
スタイルが周りに流されてない、とオレの周りの評判は良かったですが、オレとしてはもう少し冒険して欲しかった。多少抑え目だったものの要所要所で的確に上げてきて、手堅いプレイでした。

ITALO BOYS / Second / DJ
セカンドは相変わらず修行場でした…。後半から見たんですがアヤシげで不思議なグルーヴにセクシーなフレーズが乗ってくる曲を連発してて、なんというかイタリアンでした。

REX THE DOG / Second / Live
なんともつかみどころの無い…マッシヴなエレクトロハウスサウンドを流しつつ、VJでは本人手書きのゆるキャラアニメが流れるという…。音とリズムの組み立てがシンプルながらも絶妙で、ウワモノも80′sな切なさがあってよかったです。

Marco Bailey / Main / DJ
今回一番楽しみだった人。若干早めのハウスグルーヴをテクニカルに繋いでいて、ハードだったころと遜色の無い熱いプレイ。選曲が思いの他単調だったんですが、最前ブロックに居たので雰囲気でアガって体力使いすぎたw

あとフミヤとヴィラロボスは踊ってたんだけど朦朧としててあんまり印象を覚えてない;;;でも二人に関しては期待どおりの内容で楽しかったです。フミヤは若干硬め中心だったのかな?ヴィラロボスは変幻自在な選曲でした。

全体的に最近の主流らしく、クリック/ディープな音が常にフロアに支配的だった様に感じます。じんわりとしたグルーヴはクラブっぽくていいんですが、どうもそれ一辺倒になってDJの差別化が難しいです。聞き比べれば個性はあっても、今回は特に幅が狭すぎた。ジャンル的にアンセムになりえる曲が出にくいし、やはりWIREではレイヴ的大味要素も欲しいところ。ライブアクトが良かったのでそこで結構カバーできてたのかもしれませんが…。

ハードテクノ好きとしてはSINOライブ、Secret Cinema、Len Fakiあたりが当たりだったようですが、ことごとくくたばってる時間帯でほとんど聴けなかったですorz

今回ラストにSee you ?と出なかったので(10周年ありがとう的なことが書いてあった)次回とか、今後の運営的にはどうなんでしょうね。いつも運営はキビしいって聞くし、動員も特に変化ないみたいだし、マナーも年々悪くなってる気がするし…。ちょっと心配な面も多い今年のWIREでした。

Home > Tags > CLUB

Search
Feeds
Meta

Return to page top