Home > Tags > Elektron

Elektron

Elektron Devices


上 Elektron Monomachine SFX-60 mkII+Drive
下 Elektron Machinedrum SPS-1UW mkII+Drive

Elektronはスウェーデンの硬派なグルーヴギアメーカーです。堅牢で重厚感のある見た目と、独特で扱い易いインターフェースと、生み出される強烈なサウンドデザインはAutechreや卓球氏が長い間ヘビーユースしてることで結構有名です。

オレも数年前に中古で最初期型のMachinedrum sps-1を買って以来ぞっこんで、Presenceでも3曲くらいそれだけで作ってました。001,003,004かな?特に001収録の”Remid the Form”に関しては触り始めた直後で、いきなりこれだけの存在感のある曲が出来てしまい、DJで使ってみたら箱鳴りも尋常じゃなくて驚愕しました。

とにかくコイツは出音の存在感・説得力が圧倒的で、その狂ったようなパラメーターの可動域は硬質なリズムマシンの音からピーキーな効果音まで作れます。そのくせユーザーインターフェースが秀逸で、音色のオペレーションもリズムの打ち込みも演奏の感覚でシームレスかつスピーディーにコントロールできます。

その後シリーズはユーザー波形を転送出来るUW(User Wave)機能の追加、小型化したmkIIとアップデートを重ねていき、金物PCM系と乾いた打楽器が弱い、あとサンプリングループなんか入れても加工が独特で面白そうだったので、いずれUWモデルに乗り換えようと思ってました。ついでにシンセサイザーを拡張する気持ちで同アーキテクチャのビートボックスシンセサイザーモデル”Monomachine”も揃えようと思っていたんですが、いかんせん両者それぞれがミドルエンドの汎用コンピューターくらいはまるまる買えてしまうような高価なハードなので、地道に資金を貯めつつかなり長い間待っていました。

そしたら今年の頭になってNAMMで128倍増という狂気のメモリー強化アップデート”+Drive”がアナウスンスされて、ここがタイミングだと思って行動開始。初代sps-1と、使用してない機材も大幅に売り払った上で、ボーナスの残りを充当して購入に踏み切りました。FiveGさんに現ナマ握りしめて行って、両方買うから!って言ってちょっとオマケしてもらいましたw(ありがとうございます)

Machinedrumは勝手知ったる機材なのでUWも含めてすぐにでも曲に使える体制なんですが、MonomachineがUIは共通な部分は多いものの独特な部分もあって未だ勉強中です。とりあえずPresence010は既に構想が決まっていてCubaseで作っているので、プロジェクト終了後にこの二台で習作をぼちぼち作ってみようかなぁと思ってます。慣れたら曲作りustでもやりたい。

ちなみに旧Machinedrumはtwitterで里親を募集したところ、denryoku labelのワタシマ君が引きとってくれました。これから活躍が楽しみです。

Home > Tags > Elektron

Search
Feeds
Meta

Return to page top