Home > Tags > GF1

GF1

Recent photo activity

最近撮った写真のフォトセット二つです。

先日の秋葉原重工#2の写真です。日記にも書きましたが比率が何故か16:9になってたりピントが合ってなかったりかなりグダグダでした。結構いいシーンはあったのに、なかなか構えられなくて集中力もなかったですねぇ。ちなみに普段は3:2(35mmフィルム写真と同じ比率)で撮ってます。

前から撮りに行ってみようと思ってた、東名横浜青葉インターです。通勤や車の移動で頻繁に眺めてるんですが、竣工時からずっと田んぼの上にそそり立つ異様な出で立ちにときめいていたのです。天気がイマイチだったんですが、今回はロケハンということでビューポイントのさぐりを入れてきました。引き続き撮りに行く予定です。三脚とレンズ3本フルセットをかついで夕方から暗くなるまで二時間くらい歩いたんですが、疲れました…写真に一番必要なのは体力なのかもしれませんね。意図的に正方形で撮ってますが、勘の良い人は直ぐ理由がわかると思いますw

で、カメラなんですがやっぱり不満というか、欲が出てきますね。今はボディそのものと単焦点の標準レンズが欲しい感じです。GF1は取り回しは非常にいいんですが、やっぱ外付けEVFの発色が悪いのが厳しいのと、ハイエンドな機能も使ってみたい。というわけでGF1はスナップ用にしてガチ撮り用に底値に近づいてるGH2が欲しいです。GH3は期待してないので待たない。レンズはパナからLEICA準拠の単焦点25mmが出てて、アマゾンで異様に安いので気になってます。COSINAの超明るい(f0.95!!)25mmも気になるところですが、高いので…

と順調に沈んでますが、今後もマイクロフォーサーズ規格で縛るので、沼に沈むにしてもいい感じに制約になってます。

そんなことよりまず技術を磨かなければw

2011.04.10 Hikitigawa Senbonzakura

P1040419P1040383P1040385P1040387P1040389P1040390
P1040391P1040395P1040401P1040402P1040405P1040408
P1040411P1040414P1040415P1040420P1040433P1040438
P1040439P1040446P1040448P1040452P1040453P1040454

2011.04.10 Hikitigawa Senbonzakura, a set on Flickr.

小田急江ノ島線桜ヶ丘 – 高座渋谷間側、引地川沿いにある千本桜を、午前中にざざっと撮りに行ってきました。

微妙な曇りで露光が読めずに苦労しました。+補正だと白飛びしまくるし逆にするとピンク色がくすんじゃうし…。あとWBずらして紫がかったヤツを前からやってみたかったんですが、やりすぎましたw

GF1にレンズは14-45mm一本のみ使用です。

Via Flickr:
神奈川県大和市、引地川の千本桜

Whale Watching Cruise

さてハワイ関連最後です。三日目に鯨が見れるクルーズに行きました。事前に行こうという話になっていたので、むむっこれは修行のチャンスだぜと、旅行前にGF1に付ける長望遠レンズを準備して臨みました。こいつ。

LINK: LUMIX G VARIO 45-200mm

クルーズ以外でも日中の遠景なんかはこれを使ってました。F4.0、45mmスタートなので街中や夜はほぼ単焦点の方でこなしました。



さて旅行は天気に恵まれてましたが、クルーズ当日もちょっと雲が出てる具合がまた良好で、日の角度もいい塩梅でした。昼頃にアロハタワーの側の港までツアーバスで行って、すぐ出航。船はナバテック号という名の大型クルーザー。他のクルーザーと違い双胴の足の早い船で、デッキの視点も低く、なんと鯨捜索用のレーダーまで積んでます…!! ランチ付きのクルーズで、みんなでごはんを食べてる間に鯨の生態に関する解説を聞き、その間に腕利きの船長が鯨を捜索、発見次第執拗に追跡して皆で観察するという素晴らしい段取り。この時期は繁殖と子育てのために、近ければ大体500m沖くらいに結構いるそうです。各国の観光客が乗ってるので基本英語ですが、日本人のスタッフも乗船していて補足してくれます。

ご飯を食べてから発見の館内放送まで、上の展望デッキで島の方を撮影してみました。レンズの話に戻りますが目一杯伸ばすと200mm、35mm換算で400mmまで伸びるんですが、そこまでやるとちょっと描写が甘くなる感じです。船が鯨までどれくらいまで寄るか分かないけど、いろいろ試して150mmくらいで撮ってみることにしました。


そうこうしてるうちに11時の方向に鯨発見との放送があったので、前方のデッキに移動。どうやら親子一組と、別に一頭泳いでるようで、時々潮を上げてはダイブしてくれました。さすがにジャンプはしてもらえませんでしたが、見つからないケースもあるので見つかっただけでも僥倖です。




150mmまで伸ばしても少し遠かったので、実際の撮影画像よりざっくりトリミングしてます。今回の撮影は初めての事だらけで、長望遠、不安定な船上、被写体が動体、しかも出現位置がランダムという初心者には結構厳しい条件でしたので、よくまぁちゃんと撮れたなとw とりあえずレンズは150mmで固定して、およその露出設定を決めて連写モードで構えてみたんですが、最初はファインダーを覗いた際の視野の狭さでどうやって狙っていいか分からず…。船は一応12時の方向に鯨が来るように誘導してくれてるのですが、確実に真正面に来るとは限りません。とりあえず顔の前まで持ち上げておいて、目視で潮を上げるのを確認してからそちらに向かって構えるというやり方でなんとか最初のショットが撮れました。そのうち鯨の浮上回数も増えて感覚が掴めてきたので、来そうなタイミングでファインダーを覗きながらカメラを左右に振って、潮が確認出来た瞬間に潮の根元にフォーカス→連写、というやり方でかなりの枚数が撮影できました。それでも素人でもそれなりになんとかなるのは、手ぶれ補正とオートフォーカスという二つの技術の賜物ですね。

にしても思った以上に難しくて大変でした。GF1もレンズもかなり軽いほうなんですが、終わった頃には腕がだるだるでした。根気と集中力も要るし、プロの動物写真家の凄さを思い知りました。その他の鯨写真も含めたセットはこちら“whale watching”タグで絞り込めます。

Panasonic LUMIX GF1

遂に一眼デジカメ買っちいましたw

と言っても本格的なのは文字通り荷が重いので、マイクロフォーサーズ機で最近人気のLUMIX GF1です。写真には結構前から興味があったんですが、やっぱり本格的な一眼だといろいろ大変なので、こういうカジュアルな一眼が普及するのを待ってました。最初コンデジのGR3を買うつもりだったんですが、丁度コミケでoffbeatこと肉郎君がGF1を買って持ってきてて、触らせてもらってこれだー!って。なって。

慣れつつ装備も順に整えようと思ってたんですが、あれよあれよという間にライブビューファインダーと追加のレンズを買ってしまいました。やっぱファインダー覗くと気合入ります。レンズは機動性のあるパンケーキと、3倍ズームのある標準レンズを使い分ける感じで。週末に九州に旅行にも行くんで、練習してボチボチflickrに上げていこうと思ってます。

他にもダムとか工場とかジャンクションとか…夢は広がりんぐです。今後はgatearray recordings光画部としてもがんばりますw

Home > Tags > GF1

Search
Feeds
Meta

Return to page top