Home > Tags > WIRE

WIRE

8月まとめ

なんにもポストせずに8月が終わってしまいました。
ほとんど仕事で身体と心を砕かれていて、主な出来事がコミケとWIREだけでした…

・コミケ
音系のある二日目のみ。
昼過ぎくらいに着いて、ビッグサイトまではスムーズでした。東館への通路はさすがに…
最小限の知り合いをザックリ挨拶をして廻りました。
今年もいろいろ頂いてしまって…赤さんことREDALiCE先生にちゃんと面識が無かったので(実は)、挨拶をしたら例の強烈な新譜を頂いてしまったのが一番印象的でした。ええ人や…

その後、西館の食堂で打ち上がってる連中とビア充して、リニア組と秋葉原で万世って帰宅。

・WIRE
休みは取っててボンヤリ行くことは考えてて、直前にwatさんが連絡をくれてお友達のチケットを譲ってもらいましたw
開場前にアリーナで合流して、その他面々と落ちあったりして、実は初の開演前入場。フロアゲートが開いてわーっとアリーナに入ったのは楽しかったです。
今年は真っ先にマッサージ行ったり、5品くらいWIREメシを食ったりでかなり優雅に過ごしましたw
Alex BauとEric Sneoは両者とも呼ぶのが遅いよ!と思いつつ好きなアーティストなので嬉しく、楽しめました。他はノーチェックだったけど適当に気分でフラフラして楽しみました。
みなまで言いませんが、ハードトンが筆舌に尽くし難いキャラの立ちっぷりで衝撃でした…なにあの歌って踊れる万能豚…
そして始発にて迅速に撤退。
全体的には雰囲気とマナー良かった感があります。人少なかったかな…?

・M3とおりました
というか今回落ちてるサークル無いのかな?
シリーズ最終作 Presence 010 と、出来れば全バックナンバーを揃えて持って行きたいと思ってます。

・一昨日から夏休みを頂いております
特に何かイベントがあるわけではないんですが(寂しい…)、自分的慣例なので有給と組み合わせて一週間取りました。
上記の合間に機材とか何とかいろいろ処分して新しく導入したものもあるので、今のうちに試したりして後日ポストしたいです。
ざっとまとめておくと…
40インチテレビ+Bluerayプレイヤー、ELECTRON MACHINE DRUM SPS-1UW mkII+DRIVE & MONOMACHINE SFX-60 mkII+DRIVE、ACECOMBAT X2、LUMIX GF1、NI Komplete 7
ってとこです。多すぎて記事が追いつかない…

M3以降は具体的な活動予定がまったくないです。
最近周りの人の活躍を見る機会が多くて(直接行けてないのが多いけど)喜ばしい反面、自分が燻ってるのがなんとも情けないんですが、自分でもどう動いたらいいのか判らなくて困ってます…(´・ω・`)
とりあえずDJだけは信念とスタイルがハッキリしてるんですがプレイする機会が今のところ無く、曲制作に関しては意欲はあるんですがイメージが沸かなくて頭の痛いところです…

WIRE08

今年も行ってきましたWIRE08。入場してメインとセカンドの状況をチェックした後、まず先にモンハンブースに行ってきました(笑)。ステッカーと瀧のオトモアイルーを配信してたので、せっかくなので貰っておきました。ステッカーはWIRE x MHコラボのPSPに貼れるもの、猫は瀧が育ててPierre.Tと育てた人の名前が入ってるだけですw 居たら丁度瀧がやって来て、モンハンのプロデューサーとのトークイベントやってました。フリー集会所もあったので1クエくらいやりたかったけど、PSPが踊るのに恐ろしくジャマだった(ポケットに入れてたので汗でベタベタになる)ので、友達の荷物と一緒にクロークに放り込んでしまいました…。その後フードエリアに行ってからは、飲んで食べて会って踊ってを繰り返して、大満足でした。

以下観たアクトの覚書

電気グルーヴ / Main / Live
曲調としては電気グルーヴらしいベーシックなエレディスコサウンドでした。音が繊細にケアされてて、すごく良かった。アリーナの曖昧な音響でも腰に来る音だった。ただ、ライブパフォーマンスが全然無くて電気のライブとしてはどうなんだ、という。

KEN ISHII / Main / DJ
スタイルが周りに流されてない、とオレの周りの評判は良かったですが、オレとしてはもう少し冒険して欲しかった。多少抑え目だったものの要所要所で的確に上げてきて、手堅いプレイでした。

ITALO BOYS / Second / DJ
セカンドは相変わらず修行場でした…。後半から見たんですがアヤシげで不思議なグルーヴにセクシーなフレーズが乗ってくる曲を連発してて、なんというかイタリアンでした。

REX THE DOG / Second / Live
なんともつかみどころの無い…マッシヴなエレクトロハウスサウンドを流しつつ、VJでは本人手書きのゆるキャラアニメが流れるという…。音とリズムの組み立てがシンプルながらも絶妙で、ウワモノも80′sな切なさがあってよかったです。

Marco Bailey / Main / DJ
今回一番楽しみだった人。若干早めのハウスグルーヴをテクニカルに繋いでいて、ハードだったころと遜色の無い熱いプレイ。選曲が思いの他単調だったんですが、最前ブロックに居たので雰囲気でアガって体力使いすぎたw

あとフミヤとヴィラロボスは踊ってたんだけど朦朧としててあんまり印象を覚えてない;;;でも二人に関しては期待どおりの内容で楽しかったです。フミヤは若干硬め中心だったのかな?ヴィラロボスは変幻自在な選曲でした。

全体的に最近の主流らしく、クリック/ディープな音が常にフロアに支配的だった様に感じます。じんわりとしたグルーヴはクラブっぽくていいんですが、どうもそれ一辺倒になってDJの差別化が難しいです。聞き比べれば個性はあっても、今回は特に幅が狭すぎた。ジャンル的にアンセムになりえる曲が出にくいし、やはりWIREではレイヴ的大味要素も欲しいところ。ライブアクトが良かったのでそこで結構カバーできてたのかもしれませんが…。

ハードテクノ好きとしてはSINOライブ、Secret Cinema、Len Fakiあたりが当たりだったようですが、ことごとくくたばってる時間帯でほとんど聴けなかったですorz

今回ラストにSee you ?と出なかったので(10周年ありがとう的なことが書いてあった)次回とか、今後の運営的にはどうなんでしょうね。いつも運営はキビしいって聞くし、動員も特に変化ないみたいだし、マナーも年々悪くなってる気がするし…。ちょっと心配な面も多い今年のWIREでした。

Home > Tags > WIRE

Search
Feeds
Meta

Return to page top