Home

gatearray recordings blog

BodyInformでした

IMGP2825

こちらで告知をする余裕がなかったんですが、不定期で茶箱で開催しているBodyInformに先週末出演してました。

写真、ヒドい見た目ですが(フードはやけくそで)当日アレルギー性鼻炎が酷くて朦朧としてて、なんかプレイ中に治りました。朝から薬全然効いてなかったので、DJしてて代謝が改善したのかしら…wそれでもやってる時は集中できて楽しかったんですが、同録を聴いたらちょっと雑すぎてヘコみました。なんかどんどん下手に成ってる気がするなぁ…というわけで録音の公開は見送りw

以下自分のプレイリストです。

Fumiaki_Kobayashi@BodyInform-20131102
01. Jeff Mills / Cubango [Axis Records]
02. Fumiaki Kobayashi / Suisen [gatearray recordings]
03. Basic Implant / Brett [Fine Audio]
04. Joton / Body SEnsation [Newrhythmic Records]
05. Wata Igarashi / As It Is (Go Hiyama Remix) [Gynoid Audio]
06. Ancient Methods / Knight & Bishops [Ancient Methods]
07. Takaaki Itoh / Dusker [Modularz]
08. Jeff Mills / Gata [Axis Records]
09. Operator / Fearless [Audio Assault]
10. Emika / Cooling Room [Ostgut Ton]
11. Dadub / Beyond The Veil [Stroboscopic Artefacts]
12. Mondkopf / Ruins [Perc Trax]
13. Jam & Spoon / Follow Me! (Perc’s Metal Trance Remix) [Allstar Music Productions]
14. Burial / Loner [Hyper Dub]
15. Benjamin Damage / ETI Rework [50 Weapons]
16. Joey Beltram / The Vertifal [SME]
17. The Black Dog / Broken Mind [Dust Science]
18. Marcel Dettmann / Ductil [Ostgut Ton]
19. Svreca / Seda Muerta [Semantica]
20. The Chemical Brothers / Out Of Control [Virgin]
21. Benjamin Damage / Revolve [50 Weapons]
22. Nuke, Kontra, Ivan Devero [Kombination Research]
23. Andre walter / Latah [Nachtstrom Schallplatten]
24. Joel Mull / Rimson [Drumcode]
25. Sigha / She Kills In Ecstasy [HotFlush Recordings]
26. Silent Servant / Utopian Disaster (End) [Hospital Productions]
27. Perc / Stoq [Stroboscopic Artefacts]
28. Kangding Ray / Tempered Inmid [Stroboscopic Artefacts]
29. Svreca / Tommy Vicananza (Grischa Lichtenberger Recut) [Semantica]

R-9君のDJが意外とハードだったので、一旦ハードなところから緩急をつけつつ彩りを出して、次のR-9君ライブのところで音響っぽい感じで渡す、という組み立てでした。イベント序盤なのでいつもよりはずっとゆったりめに流して、4デッキにしては曲数も控え目。

R-9君のライブもwatさんもizさんも、淡々と身体に訴えかけるプレイで素晴らしかったです。この日は茶箱の音響も立ち上がりが良くみずみずしい感じで、仕事で疲れた身体によく染みましたw毎度ながらBIはこれといったキャッチーな売りなく有名なDJも呼びませんが、R-9くんのお陰でかなり明確なビジョンを持ってやっれているので、テクノに興味のある方、茶箱で骨太なテクノを聴きたい方にはぜひ一度遊びに来て欲しいです。珍しく早々と決まっている次回は2/1です。

PureDataと音響プログラミング

最近になってPureData(以下PD)という音響プログラミング(というかビジュアルスクリプトかな?)で音響合成の学習をはじめました。PDはオープンソースのフリーウエアで、この手の電子メディア系プログラミングツールで最もメジャーかつ数少ない市販製品であるMax/MSPとルーツが同じ(開発者が一緒)ソフトです。詳しい説明はPureDataJapanに譲るとします。

前から音響合成で自作ツールを作るのは興味があって、NIのReaktorを少しずつ学習していたんですが、マニュアル以外の資料が少なくて。操作と基本的な作法は解るんですが、いざ具体的に仕様を考えて構築しようとすると、日本語で踏み込んだ情報がほとんどなくて。埒が明かないので、一応存在は知っていたPDを試してみることに。タダだし。PDは日本ではずっと認知度が低くて、一部のアカデミックな現場やメディアアート系の人たちしか使ってない印象だったんですが、最近になって盛り上がり始めて日本専門のコミュニティ(先述のPureDataJapan)や日本語書籍も充実してきました。

grainsampler

自分は電子工学科卒で、在学中にはもう音楽制作をやってたので、音響工学とベースに必要な数学は(がんばって思い出せば)大体は理解できます。とはいえ思った以上に手に馴染んでビックリしました。上の画像は自分で作ったグレインサンプラーのテストベッドですが、書籍で見たソースを元に自分の都合のいいように手を加えてあります。他にも今は加算、減算、フェーズディストーションやFMといった音声合成の基礎プログラミングや、ディレイ、FFTといったエフェクターと補助入出力系、鍵盤入力やOSCといったインターフェース系を順に習得していっています。思った以上に速いとはいえ、こんなことならもっと早く始めていればなぁと思いました。こんなに向いているとは…

とはいえさすがにすぐオリジナリティのある大規模プロジェクト(例は一番下に)とか組み立てられないし、そのつもりもなくて、ノイズマシンとかグリッチマシンとか、手頃な小さめのモジュールを幾つか作って、ライブ用のシステムに組み込むのに利用する予定です。基礎が解れば言語が変わってもいけると思うので、適当なタイミングでReaktorに移るか、併用するかもしれません。今後ライブ主軸で活動したい予定でいて、ライブ用に必要最低限のモジュールが自分で組みたいというのが大本の欲求なので。(そのへんと自分にとっての音響合成の重要性の絡みは、また別途記録できたらいいな、と。口だけでなしに実現するのが先…)

PDと音響プログラミングを始めるにあたって役に立った書籍についても書いておきますね。

原書はコンピューター音楽の聖典とまで言われている書籍の翻訳版です。お値段ビックリ、出版が母校(のお抱え出版社)で二度ビックリ。90年代初頭に書かれたとは思えないほど先見性にあふれた充実した内容(既にCubaseとMaxが入っている…!)で、しかも教科書として利用することと、対象となる読者層をハッキリ想定してあって、とても丁寧に書かれています。テクノロジーと音楽を結びつける基礎の全てが詰まってます。

ついに出た日本語チュートリアル。実際の仕様実装に役に立つ具体的なコーディングを例にしつつも、オブジェクト単位の説明やPDプログラム上の注意点まで丁寧で捗りまくります。まーこれも高いですがPDがフリーなことを考えたら…

最後にPDJapanで紹介されていて知った、お気に入りのPD作品を一つ。よくこれ見てウットリしてますw

江ノ島灯籠

_1200119_1200019_1200061_1200026_1200042_1200046
_1200060_1200070_1200071_1200075_1200084_1200099
_1200105_1200114_1200116_1200118_1200126_1200134

2013.09.01 Enoshima Tourou, a set on Flickr.

江ノ島灯籠を最終日に見てきました。ハイシーズンの江ノ島は避けてきたんですが、少しくらい夏らしいものが撮りたいなーということで。うだるような暑さの中出たんですが、もう9月に入っていたせいか江ノ島に着いたら乾いた海風が涼しく快適でした。(横着してflickrから直接WPにポストしたんですが、表示がイマイチですね…flickrのセットの方を見てください)

7/19(金) 魔Qイベント4前夜公開USTREAM in 鷹774

2013.07.19 Vol.2 魔Qオンリーイベント4前夜公開UST in 鷹774

7/20に開催される「魔Q少女M∀STERあらしZオンリーイベント4 in 第52回日本SF大会」の前日公開USTREAM配信!DJとトークを配信します。

日時
2013年7月19日(金) 21時スタート

料金
1ドリンクオーダー(500円)

場所
スリムチャンススタジオ

コスプレ
コスプレ可。更衣室完備

DJ
SEKITOVA
Fumiaki Kobayashi (gatearray recordings / 秋葉原重工)
semama inco
Mi-Yan (STEP!)
みかすけ (ツンデレーション)

USTREAM
http://ustream.com/channel/maqonly

7/20開催の魔Q少女M∀STERあらしZオンリーイベント4に合わせて広島に遊びに行ってきます。で、せっかくなので観光がてら前日入りするんですが、前日夜に前夜祭イベントをやるということで、そちらにDJで出演させていただくことになりました。鷹774というフリーの定期イベントの企画として開催しているので、現地参加でもUSTREAM配信でも楽しめます。

去年広島にDJで呼ばれて以来、秋葉原重工を含めて(主にたかうけ君を通して)たくさん交流があり、再び広島でプレイできるということで非常に楽しみです。魔Q本編も含めて楽しんできます。

秋葉原重工#8でした

20130707-234203.jpg

ちょっと忙しくてこっちでは告知も儘なりませんでしたが、7/6は恒例の秋葉原重工でした。

ゲストのラインナップを始め、立地やお客さんの楽しみ方など、本当に他に替え難い特別なパーティーに成長したなーと実感しております。特にゲストの面々が本当に気合をいれてこちらの趣旨やオーダーを汲んで臨んで頂けているのがわかる渾身のプレイで、最後が自分なのを忘れて楽しんでおりました。ただトリ前のなはと君のテクノに特化した貴重なプレイは圧巻で、予想はしてたんですが若干のプレッシャーを感じて、ブースで様子を凝視してましたw

で、そんな自分のプレイリスト
Num. Artist / Title / Label
1 Jeff Mills / Humana / Axis
2 Jeff Mills / The Extremist – Retro Mix / Tresor
3 Echoplex / Blindfold The Skies / Soleil
4 Regis / Speak To Me (Original Mix) / Dwonwards
5 Technasia / Future Mix – Original Mix / Technaisa
6 Logique / Vuture Shoove – Laidback Luke remix / Subspace
7 DJ Shufflemaster / Slip Inside You – Original Mix / Tresor
8 Joris Voorn / Incident – Original Mix / SINO
9 Echoplex / Body Track – Original Mix / Synewave
10 Xhin / Vent (Pfirter Remix) / Stroboscopic Arrefact
11 Surgeon / Midnight Club Tracks II part 1 – Original Mix / Counterbalance
12 Len Faki / BX 3 – Original Mix / Ostgut Ton
13 Chester Beatty / S.S.T. (Super Sonic Transportation) part1 / Phont Music
14 Subeena / Picture – Original Mix / Opit Records
15 Paul Woolford / Let It Go – Original Mix / Intimacy
16 Ital Tek / Spectrum Falls – Original Mix / Atom River
17 Starkey, Anneka / Stars – Slugabed Did A Remix / Planet Mu

最近のしっかりしたカッコイイテクノはゲスト陣がたっぷりやってくれるだろうと思って、ちょっと古めのハードミニマルで固めつつ、他のレジデンツがよくかける曲で使われてないこぼれ球を拾う感じでやりました。Echoplexの古いのとか好きでしょうがないんですが、最近のセットだと組み込めなくてフラストレーション溜まってきてたのでスッキリした(笑。古くてマスタリングがアレな曲が多かったんで鳴りが心配で、多少オーバーゲインにしましたがご愛嬌ということで。どう落とすかは何通りかあったんですが、さすがにハードな音はお腹いっぱいになってきたようなので、叙情エレクトロニカっぽい方向にスイッチしてやさしく締めました。

次回は未定ですが秋にはやると思いますのでよろしくお願いします。

ANA機体工場見学

話が前後するんですが、先月の末にANAの機体工場見学に行って来ました。

モノレールの機体整備場駅とかはじめて降りました。車かモノレールでしか侵入できない位置で、見渡す限り整備工場しかないです。駅から歩いて十分くらいにある、ANAコンポーネントメンテナンスビルで平日に開催しています。事前に予約が必要なんですがかなり人気らしくて、すぐ埋まってしまうようです。


大きな地図で見る

やってるのはド平日なんですが、一眼レフを抱えたそれっぽい人以外にもカップルとか女子連れとかおっさんおばさんとか、いろんな人が来てました。講堂で小一時間ほど見学の説明や解説を受けたあと、ヘルメットを借りて隣のビルにある格納庫を見学しました。工場見学でありがちな見学者専用通路を通すだけみたいな見学ではなく、普通に仕事で使ってる通路をを使ってグランドフロアまで降りて、機体のかなり近くまで近寄れます。かなりサクサク流して廻りますが、写真は比較的自由に撮らせてもらえます(ブログ等への掲載には連絡が必要)

なかなか貴重でいいものが見られました。
>> ANA Maintenance Facility Tours

20年ぶりのTDL

行って来ました。もういい大人なので穿った見方をしてしまったりもしますが、大人には大人の楽しみ方があるんだなぁと、日本随一のテーマパークを一日堪能しました。

全般的に比較的に入りやすいのや緩いのから効率よく流す感じで。開演時間くらいに集合して閉園ちょっと前まで居たんですが、土曜日の割にそんなに辛くなかったです。入ったのを全部書くとキリがないので印象に残ったのだけ。復活した際から観たい思っていたキャプテンEOが一番の収穫でした。80年代のSFXと若々しいキレキレのMJが、スクリーン上で色あせつつも輝いていました。期間限定だったのが結局固定アトラクションになってしまったそうで、残ってるうちにもう一度くらい観ておきたい。あとカリブの海賊から見えるレストランが昔から印象深かったんですが、早めの夕食で初めて入りました。あのアトラクションとの相乗効果は見事ですねぇ。

20年ぶりとはいえ4回目くらいなので結構覚えてるもので、記憶のままだったり変わってたり。30周年とのことですが、30年前の技術とコンテンツが、かなりの数がそのまま健在で飽きられず、あの人気を保っているのは、目の当たりにしてもホント驚異的でした。

ガチで遊んでると写真はなかなか撮れないもので、人が多かったり暗かったりで、あんまりちゃんと撮れてる写真がないです。意匠や構造物が面白くて撮影し甲斐はあるんだけど、昼間だと映り込む人が多すぎたり作り物感が強く出すぎちゃうので、暗くなってからのほうが照明などで雰囲気が出て面白みがありました(というのを想定してレンズは単焦点F1.4一本勝負でした)。平日のナイトパスでアトラクション完全無視で撮りに行くと面白いかも。でも次は未見のディズニーシーですかねぇ。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top